Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今や定番 日本人はいつから自動販売機で「お茶」を買うようになったのか

配信

アーバン ライフ メトロ

「買って飲むなんて」から変化

 自動販売機やコンビニの定番商品として、多くのラインアップがあるお茶飲料。緑茶やウーロン茶、紅茶、麦茶、健康茶など、今では数多くの商品が店頭に並んでいます。 【1748人に聞きました】あなたの1番好きな「ペットボトル緑茶」は何ですか?  しかしそうした商品が出始めた当初、 「お茶を買って飲むなんて……」 「自分で沸かせばいいのに」 と、ためらっていた人も多いのではないでしょうか。  お茶や水を自動販売機で買う――その始まりは、ウーロン茶からでした。  日本でウーロン茶の専門店が見られるようになったのは大正時代で、長らくの間、粋人独特の茶器を使って楽しむものでした。  やがて1970年代になり、アイドルデュオ「ピンク・レディー」が飲んでいるとして、ウーロン茶は美容や健康に効果があるお茶として話題になります。  これを受けて、各飲料メーカーは缶入りウーロン茶の開発を始めます。1981(昭和56)年2月に、伊藤園(渋谷区本町)が世界初の缶入りウーロン茶を発売。続いて12月に、サントリー(現・サントリー食品インターナショナル。中央区京橋)も参入します。

世間の逆風を勝機とした飲料メーカー

 しかし、すぐに売れたわけではありませんでした。  実はウーロン茶より早く、缶入り紅茶が1974(昭和49)年から発売されていたのですが、人気を得ることはできませんでした。冒頭に述べたように、「お茶は自分で入れて飲むもの」という意識が根強かったからです。  会社では給湯室に巨大なヤカンが置かれていて、会議のときにそれでお茶を注ぐというのが定番の風景でした。ところが飲料メーカー各社はお茶に勝機を感じ、次々と商品を開発していきます。  1983年にはポッカコーポレーション(現・ポッカサッポロフード&ビバレッジ。名古屋市)が、缶入りの玉露とほうじ茶を市場に投入しています。

缶入りウーロン茶が人気を得た理由

 こうして市場で存在感を増していった缶入りのお茶飲料が急成長したのは、1986(昭和61)年頃からです。  缶入りウーロン茶(当時は250cc)は、1982年に出荷数40万ケース(1ケース30本入り)だったものが、1985年には1450万ケース、1986年には2300万ケース、1987年にはついに3000万ケースに達します。  1988年の時点で、ウーロン茶は約200社が参入する市場にまで成長していました(『朝日新聞』1988年8月18日付朝刊)。  1988年の夏は天候不順で清涼飲料の売り上げは伸び悩んでいましたが、お茶飲料の売り上げだけは前年度比20~30%増でした。  家庭でも手軽に入れられるはずなのに、缶入りウーロン茶が人気を得た理由――それは、イメージの変化と技術開発によるものでした。  各メーカーは、自宅で入れるウーロン茶と遜色のない味を追求。結果として、ウーロン茶は無糖で健康にも最適という情報が広く知られるようになりました。  またウーロンハイのような、新たなお酒の楽しみ方が普及したことも人気上昇の要素と言えます。

【関連記事】