Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「質の高い選手は大歓迎」 ユーベ初陣勝利のピルロ監督、采配に垣間見えた“オリジナリティー”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Football ZONE web

U-23チームからフラボッタをスタメンに抜擢するなど起用法にも特徴

 セリエAの新シーズン開幕戦で、監督デビュー戦を勝利で飾ったユベントスのアンドレア・ピルロ監督が、試合後にチーム作りの手法について現役時代の経験を生かしていることを語った。 【動画】ピルロ新監督初陣! 「ユベントス×サンプドリア」(3-0)ハイライト  ユベントスは昨季にリーグ9連覇を果たしたものの、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)での低調さやチーム内部での求心力の低下が報じられるなどしたマウリツィオ・サッリ監督を解任。当初はU-23チームの指揮官に就任予定だったピルロ監督をトップチームに招聘した。  指導者としての初経験が王者ユベントスの監督という状況に手腕を不安視する声もあったが、開幕節サンプドリア戦は3-0で完勝。試合後に衛星放送局「スカイ・スポーツ」のインタビューで「前半は良かったが、そこで試合を決められなかったのは残念。後半にはフィジカル的に落ちた」と振り返ったものの、「カウンターを効果的に出せていたし、要所でうまくプレーできた」と、初陣を飾った感想を話した。  その一方で、シャルケから獲得したアメリカ代表MFウェストン・マッケニーをいきなりデビューさせたほか、「プレーの仕方が分かっているし、トレーニングで良かったのでリスクは感じなかった」と、U-23チームからMFジャンルカ・フラボッタをスタメンに抜擢するなど、話題性のある選手起用もあった。ピルロ監督は自身の現役時代を交えて語っている。 「スター選手とだけでなく、選手たちと会話するのは重要だ。選手時代、監督とは多くの会話をしてきた。ピッチ内外で関係性を築くのが重要なんだ。そして、選手たちの欲求を理解するのも大事だね。(ロナウドとも?)彼とも話をしている。彼をどう管理していくかは非常に重要だ。将来的に、重要性の低い試合が生まれればそこで休養させるだろう。彼は賢く、自分のフィジカルについて理解しているからね」

「監督をコピー&ペーストするようなことはしたくない」

 ピッチ上の監督と称されるようなプレーを現役時代に見せてきたピルロ監督だが、その裏側には当時の監督たちと積極的なコミュニケーションを図ってきたことがあると話す。チームで大きな存在感を放つポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの関係も、現時点では良好なものであることが伺われる。そのうえで、自由な発想をプレーの中で示してきた選手ならではの、チーム作りへのアイデアも話した。 「私のアイデアを表現するには時間も必要だろうけれど、監督をコピー&ペーストするようなことはしたくない。多くの時間はないし、なかった。ただ、ノバーラとの親善試合と今日で何かを見せることはできただろう。ピッチ上で正しいバランスを見つけなければいけないが、質の高い選手はいつでも大歓迎だ。タレント性のある選手たちを、最も多くピッチ上に立たせるための解決策を探していくだろう」  移籍市場でターゲットにしているセンターフォワードの獲得は決まっておらず、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラやオランダ代表DFマタイス・デ・リフトも開幕戦には間に合っていない。しかし、すでに3バックと4バックを状況次第で可変するチーム戦術を示したピルロ監督は、ユベントスを創造性のあるチームに変革していきそうな気配を見せている。

Football ZONE web編集部

【関連記事】