Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

福島県内の路線価 7年連続上昇

配信

テレビユー福島

テレビユー福島

相続税などを計算する際の基準となる土地の価格「路線価」が公表され、県内の平均は、7年連続で上昇しました。 路線価は、相続税や贈与税を計算する際の基準になる道路に面した土地1平方メートルあたりの評価額です。 県内で最も高かったのは、郡山市駅前1丁目の駅前通りで、1平方メートルあたり30万円と、去年よりも5万円高く、伸び率は1.7%でした。 伸び率が最も高かったのは、いわき市平三町目の駅前大通りで、1平方メートルあたり13万円と、4%上昇しました。 一方、去年は伸び率が12%近く上昇した福島市栄町の駅前通りは、今年は2.6%にとどまっています。 県内の路線価の伸び率は、平均0.7%で7年連続で上昇しましたが、全国平均の1.6%は下回り、去年から順位を7つ落として17番目の伸び率となりました。