Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ママアナウンサーの子育てが事業になったワケ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

誰もが"おうち時間"に関心を寄せている中、月額300円で自宅にいながら世界中のママ講師からオンラインレッスンを受けられるサービス「Himemama Premium School」が今、注目を集めています。 華やかなアナウンサー時代を経て現在はHimemamaの代表を務める坂上さんは、明るい声には似合わない言葉で子育て時代を振り返りました。 「愕然としたっていうか、これが一生続くのかって思うと絶望しかなかったですね」 写真や経歴からは想像もできない、坂上さんの今までとこれからに迫ります。

これは私にしかできない仕事?

大学時代にはじめたバイトで得たつながりから、大手通信会社に就職した坂上さん。 「深夜2時に寝て、3時間寝たらまた起きて、みたいな生活でした」激務の代償はすぐに現れ、1年間で3回も救急車に運ばれたそうです。 「このままだと過労死する、って医師に言われたんです。やりがいがある仕事だったんですけど、そのあたりから『これは私にしかできない仕事なのかな』って思うようになって」数年後、企業の記念パーティーに出席したことで、坂上さんの漠然とした疑問は決意に変わりました。 「司会をされていたアナウンサーの女性が本当にもう素敵で。私もこうなりたいって思ったんです」 社会人5年目のことでした。 「退職して、まずフジテレビのアナウンサースクールに通いました。それからプロダクションに所属させてもらってアナウンサーとしての活動をはじめました」順調に任される仕事は増えていきました。しかし、出産を機に事務所を退所したことで、環境は大きく変わることになります。

眠れない、食べられない、先が見えない

「当時は出産するとキャリアをリセットしなきゃいけなかったんです」仕事を通して社会と関わっていた頃の自分とのギャップに苦しんだといいます。 「産んだ瞬間『親』になっちゃったわけですよ。こんな大変なら教えてほしかった! って思いましたね」自分のタイミングで眠ることも、食べることも、トイレに行くこともできない。「なんのために生きてるんだろう」なんて気持ちばかりが浮かんでくる…。それでも、兄嫁から届いた1通のメールが坂上さんを救いました。 「『2~3カ月で慣れるからね、もうすぐ眠れるようになるから大丈夫だよ』って言ってくれて、本当に救われましたね。頼れる、話を聞いてくれる人がいるってこんなに大事だったんだなってそのとき思ったんです」 この体験が、後のHimemama立ち上げにつながっていきます。

【関連記事】

最終更新:
LIMO