Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「自死遺児の俺は…」高知東生が亡き母への思い独白「愛されていたと思えたのは 55歳になった今年のこと」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

 俳優の高知東生(55)が28日、自身のツイッターを更新。17歳の時に母親が自殺したことを公表している高知は、「竹内さんの件、自死遺児の俺は『子供がいたのになんで?』と目にすることが一番辛い。それは俺自身が一番知りたかった事」とつづる。竹内結子さんの訃報に接して、自身が考える残された家族について、3回連続で投稿した。  最初の投稿では、高知が17歳のときに感じた母親への思い、そして今の心境を明かす。  「愛されなかった子供とずっと信じていた。心を閉ざしている時は、周囲の人が良かれと思って何を言ってくれても届かなかった。俺も愛されていたと思えたのは55歳になった今年のこと」  次の投稿では、結論を急ぎがちなネット社会へと向かう。  「人は自分の頭で理解できない出来事に出会うと、何とか理解したいという作用が働いて想像で結論付けがちだけど」と人の習性に寄り添いつつ、そっと見守ってほしいと願う家族への配慮を促す。「今の様な心が病みやすいネット時代は『理解できないけれどそっとしておこう』という練習を自分の頭にさせることも大切じゃないかな。残されたご家族の人生を最優先に考える練習とでもいうか」  そして最後の投稿では 「お袋は自死したけど、俺のことを最後まで大切に考えてくれ、愛してくれていたと今は信じている。例えそれが真実でなかったとしても、自死遺児の俺にとって自分が心からそう思えるようになったことで、自分を赦せた。親の命綱になれなかった自分を責めてしまう子供もいる事を知ってもらえたら有難い」と自身の思いを打ち明けて文を結んだ。

【関連記事】