Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“紙”でできた台湾発デジタルトイカメラ「Paper Shoot」がかわいい! 実際に撮ってみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねとらぼ

 大人のトイカメラ「Paper Shoot」が、カメラ好きの間で話題になりつつあります。名前のとおり、「紙」でできた新感覚の台湾発のデジタルトイカメラです。 【画像】カメラ&作例を詳しく見る  携帯性やデザイン性の高さ、カスタムのできる自由度が魅力的な大人のトイカメラは、現在TSUTAYAや北村写真館で先行発売中。手のひらサイズの1枚の基盤に全てがそろったハイスペック感とノスタルジックな映りに遊び心をかきたてられるガジェットを、カメラ女子ライターが実機レビューします。

台湾発「Paper Shoot」のユニークな特徴

○持ち歩きたくなるコンパクトさ  Paper Shootは、2013年に台湾で立ち上がったブランドです。コンセプトは「Less is more(少ない方が幸せ)」。一番の特徴は、カメラに必要な機能が1枚の基板にまとまる設計をされており、カバーが1枚の重石紙(厚紙)でできていること。1枚の基盤と1枚の紙、2つのネジととてもシンプルな構造です。  本体は厚さ約12ミリ、重さ約80グラムとコンパクト! 基盤にはレンズ、シャッターボタン、撮影モードスイッチ、SDカードマウントが組み込まれています。単4電池2本で起動するこのカメラにはon-offスイッチがなく、シャッターを押すだけ! 胸ポケットにも入るサイズ感はスナップにぴったりです。  本当にこれで写真が撮れるのか……!? と思ってしまうような外見ですが、画素は1300万あり、インスタントカメラのようなアナログ感を楽しめます。 ○カスタムできるボディ  「紙のトイカメラ」であるPaper Shootのボディは、無機ミネラルパウダーから作られた重石紙でできています。このボディは気軽に交換ができるので、その日の気分やファッションに合わせてカスタマイズが可能です。  クラシックカメラ柄や花柄、リーフ製、コルク製、木製、基盤のデザインが見えるクリアケース――など、さまざまな柄が販売されています。ペイントやマスキングテープやシールによるカスタムで自分なりのアレンジをするのもいいですね。  ちなみに、台湾では企業やブランドとコラボしたボディも販売されています。スターバックスコーヒーや「STAR WARS」とのコラボもあるのです……日本でもどんどん増えてほしい! ○マイクロUSBが可能性を広げる!  電源は単4電池2本。ですが、マイクロUSBとモバイルバッテリーを接続することで10秒のショートムービーやタイムラプスを撮影することができます。また、パソコンやスマートフォンと接続するとデータの転送も可能です。 ○スイッチひとつで切り替わる撮影モード  4種類の撮影モードでシーンにあった撮影が可能です。クラシック、モノクロ、セピア、ブルーのモードを選べて、人、もの、時間、雰囲気に合わせて表現力豊かな写真が楽しめます。 ○レンズが付属で表現の幅が広がる  追加レンズは、広角、魚眼、放射エフェクト、万華鏡エフェクトの4種類が用意されています。レンズの上に置いてマグネットで接着する仕組み。基盤のレンズはf値2.0、焦点距離22ミリとスナップ撮影には充分なスペックですが、追加レンズを使用することで更に世界観が広がります。

【関連記事】