Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キャブズ初優勝の2016年ファイナル第7戦における“あまり覚えられていない”10の事実

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE DIGEST

■約4分間の沈黙を破ったアービングの決勝弾  残り4分39秒にトンプソンのレイアップが決まり、ウォリアーズが89-89の同点に追いつくと、両チームのスコアが停滞。ウォリアーズはそこから試合終了まで加点できず、歴史的なシーズンを悔しい結末で終えた。  キャブズはアービングがサイドステップでカリーとのズレを作り出し、残り53秒に3ポイントをヒット。残り11.0秒にレブロンがフリースローを1本決めたものの、アービングはNBAファイナル史上最も劇的な決勝弾を見舞ったと言っていい。   ■最大で4450万人が見守った運命の一戦 『ABC』が中継したNBAの試合で、この試合は15.8%という史上最高の視聴率を記録した。この試合は3102万人が視聴し、最高値は22時30分(アメリカ東部時間)の4450万人。  ではその瞬間、コートでは何が起きていたのか?  それはレブロンがイグダーラ相手に決めた“ザ・ブロック”の直後だった。22時29分に歴史的なプレーが生まれたことで、おそらくSNSや口コミで一斉に拡散したのだろう。22時32分にカイリーが決勝弾をお見舞いしたため、そのシーンを4000万人近くの人々がリアルタイムで目撃していたに違いない。 文●秋山裕之(フリーライター)

【関連記事】