Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キャブズ初優勝の2016年ファイナル第7戦における“あまり覚えられていない”10の事実

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE DIGEST

 オークランドのオラクル・アリーナで開催された第7戦は、文字どおり息詰まる大激戦だった。同点11度、リードチェンジ20回を記録したこの試合、ウォリアーズはフィールドゴール38.6%(32/83)、キャブズも40.2%(33/82)と、大舞台のプレッシャーが爆発的なオフェンス力を誇る2チームの選手たちのシュートタッチを狂わせた。  そうした重苦しい展開の中、終盤に抜け出したのがキャブズだった。89-89の同点で迎えた残り1分50秒、速攻でカリーからボールを受け取ったアンドレ・イグダーラのレイアップをレブロンが両腕で阻止。そして残り53秒にはアービングが値千金の3ポイントをリングへ突き刺し、激闘の末に93-89で制してキャブズに初優勝をもたらしたのである。  ここからは、数多くの魅力が詰まったこの試合について、4年が経過した今となっては“あまり覚えられていない”要素をいくつか紹介していきたい。6月16日に『HoopsHype』へ掲載された記事には、下記のようなサイドストーリーが記されていた。   <2016年ファイナル第7戦における注目ポイント10選> ■「完全に八百長だった」  第6戦、カリーはキャブズの度重なるスイッチにより、フィジカル面で圧倒的に不利となるレブロンとの1対1を強いられファウルアウト。これに妻アイーシャが激怒。さらにウォリアーズのスティーブ・カー・ヘッドコーチもオフィシャルの判定に怒りを露わにしていた。 ■イグダーラは万全のコンディションではなかった?  当時ウォリアーズが勝負どころで送り込んでいた“デス・ラインナップ”は、カリー、トンプソン、グリーン、ハリソン・バーンズ、イグダーラという布陣。レブロンやカイリーを独力でストップするイグダーラは、特にディフェンス面で際立っていた。  だがこの年のファイナルは第5戦までで平均11.0点、6.2リバウンド、4.4アシストにフィールドゴール48.9%を残すも、最後の2試合では平均4.5点、6.5リバウンド、3.5アシスト、フィールドゴール36.4%と失速。背中を痛めていたため、ベストなプレーができていなかった。もしコンディションが万全であれば、レブロンにブロックを浴びたシーンでダンクに向かい、ファウルを獲得してフリースローを得ていただろう。  

【関連記事】