Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元世界王者が語る「ルービックキューブ40周年」 コロナ禍で訪れた“第3次ブーム”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

 立体パズル「ルービックキューブ」が、今年で発売40周年を迎えた。8月末には「40周年記念メタリックルービックキューブ」も発売されるという。かつての大ブームを知る50代前後の方は、まだあったのか! と思うかもしれない。ところがどっこい、ルービックキューブは今、発売当初に次ぐ勢いで売れているという。 【写真】元チャンピオンの秋元さん――進学後は「京都大学医学部」に  ***

 ルービックキューブは、ハンガリーの発明家、彫刻家、建築家であるエルノー・ルービック氏が開発した立方体のパズルである。6面はそれぞれ色分けされ、面ごとに3×3の9マスに分けられている。それらを縦横に回転させることで、各色が入り混じり、それをまた戻す、というのが基本の遊び方だ。1977年にハンガリーで「マジックキューブ」の名で発売され、80年より世界展開に当たり「ルービックキューブ」に変更されたという。日本では同年7月25日にツクダオリジナルから発売された。累計出荷数は1400万個を突破している。現在の発売元である、メガハウスに聞いた。 メガハウス:80年2月にニューヨーク開催されたトイショーで、ツクダオリジナルの和久井威専務が初めてルービックキューブを目にしたそうです。その場で、15万個の販売権を契約したそうです。

バッタモンは日本製だった

――ルービックキューブは大ブームとなった。初年度の売上は400万個を超えてしまった。 メガハウス:当時はマカオや香港、ハンガリーなどで製造したものを輸入していたのですが、船便では間に合わないので、航空便で取り寄せたと聞いています。 ――それだけのブームであるから、“バッタモン”も出回った。 メガハウス:当時は、非正規品が日本製だったそうです。

コロナで復活

――一気に広まったルービックキューブだが、ブームが去るのも早かった。1~2面を揃えることはできても、6面全部を揃えることなど難しかったからだろうか。 メガハウス:81年には非正規品が多く出回ったことも人気が下火になった一因かもしれませんね。 ――それでもルービックキューブはしぶとく生き残った。 メガハウス:21世紀に入ると世界大会が復活し、競技として注目されるようになりました。05年には脳トレブームもあり、その一環としてルービックキューブも再び注目されるようになりました。世界大会で日本人が好成績を残したことも重なり、07年には大きく売上を伸ばしました。 ――そして、今年が第3次ブームということか。 メガハウス:40周年の節目ですから、様々なイベントを企画していたのですが、新型コロナのために、イベント開催もままならなくなりました。ところが、Stay Homeとなった、4~5月にかけて出荷量は昨年同期の2・5倍に跳ね上がりました。家の中で、年齢問わず楽しめますし、“解法”の動画も公開していますから、6面揃えることも可能ですよ。お子さんに学ばせたいという親御さんもいらっしゃいます。ちなみに発売当初から、6面完成の認定証は今も継続してお送りしています。

【関連記事】