Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

妊娠から出産後までカバー、スマホで簡単手続きの「母子特化」保険が登場。妻の産後うつが開発の原動力に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

フィンテックベンチャーFinatext(フィナテキスト)ホールディングスの子会社・スマートプラス少額短期保険は2020年8月24日、出産前後の母子を対象とした保険の提供を始めた。 【全画像をみる】妊娠から出産後までカバー、スマホで簡単手続きの「母子特化」保険が登場。妻の産後うつが開発の原動力に 妊娠に関する保険に入る場合、医療保険の特約をプラスする形が一般的だが、妊娠した後では保険に加入できないなど、さまざまの制限がある。 そこで母子に特化した保険にすることで、妊娠から出産後まで、それぞれの時期に応じた保障を受けられるという。

妻が重い産後うつに…

「昨年、妻は子どもを産んだあとで重い産後うつになってしまいました。産後うつに関しては、世間の理解がまだ十分に進んでいません。母子保険を広めることで、そんな状況を改善したいと思っています」 Finatextホールディングスの林良太社長によれば、今回発表した母子保険には、自身の経験が反映されているという。 林氏の家庭では、2019年6月に第一子が誕生。しかし出産後、妻は眠れない日が続いたり、動悸が続いたりと、精神的に追い詰められてしまったという。 「妻はもともと元気な人だったので、産後うつとは無縁だと思っていましたが、実はそうではありませんでした。産後うつで病院を受診することに抵抗を感じる人もいます。もし保険に産後うつの保障が含まれていれば、当たり前のように受診できるようになります。受診のハードルが下がることを期待しています」

17パーセントが「産後うつ発病」

出産前後に母親が抱える不安は大きい。 育児アプリ「トツキトウカ」が2020年6月に行ったユーザーアンケートでは、妊娠中に不安に思っている点について、96%が「トラブルなく無事に出産を終えられるか」、88%が「赤ちゃんが無事に成長しているか」に不安を感じると回答。 また産後の精神状況については、48%が「精神的につらい・解放されたい」、17%が「産後うつを発症した」と回答するなど、精神的な負担が大きいことが分かった。 「妊娠後には加入できない保険もあり、産前・産後を一括で保障できる保険はありませんでした。妊婦の半数が、医療保険の特約などを使って妊娠・出産に関する保険に入っているという調査もありますが、保険に未加入の方はもちろん、すでに別の保険に加入している人にとっても興味を持ってもらえる保険だと思います」(スマートプラス小額短期保険・河端一寛取締役)

【関連記事】