Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

手作り「風船UFO」でカーリング!気象予報士が教える!子どもも大人も一緒に盛り上がれる工作&ゲーム!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

いよいよ学校が再開しましたが、3密を避けるため、まだまだ家にいる時間が長い子どもたち。 「おうち時間」が少しでも楽しくなるよう、CBCのテレビ番組「チャント!」では、さまざまな工作や実験を紹介。気象予報士の桜沢信司さんが、理科の勉強にもなる楽しい工作を実践しました。

桜沢さん:「スイスイ動きます!これは空気の力を使って動かしています!」

用意するのは、要らなくなったCDかDVDを1枚。そして、紙コップ、ペットボトルのふた、風船と接着剤です。

桜沢さん:「まずはペットボトルのふたの真ん中に穴をあけます。キリは危ないから、大人の方と一緒に行ってくださいね」

次にCDの真ん中に、穴をあけたふたを接着剤で付けます。

続いて、膨らませた風船をふたに付けましょう。 桜沢さん:「(風船の)根元をねじって付けると、空気が漏れにくいですよ」

最後に切った紙コップを、風船が倒れないように台にすれば…。

桜沢さん:「これで完成です!名付けて『風船UFO』。スイスイ動いていきます!」

スイスイと滑らかに動く風船UFO。さて、なぜ軽やかに動くのか分かりますか? 何もしていないCDは机との間に摩擦があるので動きが鈍いですが、風船UFOはどうでしょう?「プシュー」という音が聞こえますね。ふたにあけた小さな穴から、空気が出ています。 桜沢さん:「空気がCDを押し上げるため、机との間にすき間ができるんです。浮くことで、机との摩擦が弱くなるんです!」

比べてみると、少しだけ浮いているのが分かりますね! 桜沢さん:「同じ原理なのがホバークラフト。これも空気で浮きながら、スイスイ動く乗り物なんですよ!」 風船UFOの滑らかな動きは「慣性の法則」を利用しています。慣性の法則は「他に力が加わらない限り、動くものは動き続ける、止まるものは止まり続ける」というもの。 桜沢さん:「摩擦がなくなれば、動くものは、動き続けるんです!中学3年生で習いますよ!」

慣性の法則、覚えましたか?では、勉強の後はゲームで遊びましょう。名付けて「風船UFOカーリング」。さて、桜沢さんの腕前は? 桜沢さん:「あー、全然駄目だ~」「やった!やりました!」 子どもも大人も一緒に盛り上がれる工作とゲーム。皆さんも楽しみながら学んでみては? (5月22日(金)CBCテレビ「チャント!」より)

【関連記事】