Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<高校野球>まさか…花咲徳栄、甲子園で試合 岩井監督「1試合できるだけで感謝。史上初で選手も楽しみ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 日本高野連は10日、ウェブ会議による理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった今春の第92回選抜高校野球大会の出場校に選ばれていた花咲徳栄(埼玉県加須市)など32校を、8月に兵庫県西宮市の甲子園球場に招待し、各校が1試合ずつ行うと発表した。「2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)」とし、日本高野連が主催する。 <高校野球>埼玉独自の代替大会 花咲徳栄、浦和学院など監督ら「進路あり参加強制できぬ」「決断に感謝」  日程は8月10~12日と15~17日の計6日間。雨天の場合は順延する。感染拡大防止の観点から1日3試合以内とし、延長戦は行わない。現時点では無観客が原則で、学校関係者の入場については、今後の感染状況の推移を見ながら検討する。出場校が参加しての開会式は実施せず、対戦カードは7月18日に各校主将によるオンライン抽選会で決定する。 ■感謝しかない/花咲徳栄・岩井隆監督の話  甲子園で1試合だけでもできることにまず感謝している。まさか、まさかとは思っていたが、日本高野連はじめ、関係者の方々がいろんなハードルを越えて決断してくれた。もう感謝しかない。史上初のことなので、選手もそうだが、私も楽しみ。 ■コロナ吹き飛ばして/大橋良一加須市長の話  こうした大会が開催されますことは、とても喜ばしいことであります。甲子園で思い切りプレーしていただき、思い出に残る素晴らしい交流試合となることを心から祈念しております。皆さんの活躍でコロナウイルスを吹き飛ばしてください。

【関連記事】