Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

再放送で話題『凪のお暇』…母・片平なぎさの「毒親み」に戦慄

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

5月16日、17日と「凪のお暇 #お家でイッキ見SP」が放映された。「空気を読む」ことに疲れ果た主人公・凪の姿に、共感を覚えた視聴者も多いことだろう。脳科学者の中野信子氏は、書籍『毒親 毒親育ちのあなたと毒親になりたくないあなたへ』(ポプラ社)にて、同ドラマに登場する凪の母親の「毒親」っぷりを指摘している。 ※第8話のネタバレ有

かつて家族の愛や母子の情は「迷妄」と考えられていた

◆「産む親」と「育てるスペシャリスト」 子育て論に限ったことではありませんが、時代によって正しいとされる説は変わります。心理学でも実はしばしば正反対のことが言われます。 私たちが子どもだった頃より前の時代では、アメリカでは、子どもはなるべく引き離して育てるべきだという考えが主流でした。日本はどうだったのかは正確にはわかりませんが、抱き癖がつくからあまり抱っこはしないようにという説もあったので、今ほどスキンシップの重要性は説かれていなかったと考えられます。 また、子どもの依存心を助長するので、子どもは早めに独立させるべきで、マザリーズもあまり使うべきではないという考え方もあります。マザリーズというのは、「〇ちゃん、かわいいでちゅね」などのいわゆる幼児語で、これまでは、子どもに対して幼児語で語りかけるべきではない、という主張が新しかったのです。家族の愛や母子の情は、いわば迷妄であって、科学的には子は淡々と冷たく扱うべきとされた時代でした。 現代ではそういう考え方は、むしろ古いと考えられています。温かな感情とか人と人の結び付きも、きちんと科学の範疇内で分析しましょうというのが今の考え方です。 ともあれ、あまりに母の担う役割が大きすぎて、疲弊してしまっている人が多いと感じます。そろそろ、もっと新しいテクノロジーやシステムを大いに活用して、産む母と育てるスペシャリストの分業を戦略的に進め、親の心理的余裕を確保する社会インフラとしていくべきではないかと思います。

【関連記事】