Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リモート葬儀で母を見送り…コロナ禍に挫けない阿川佐和子さんの観察眼としなやかなモノの見方

配信

FNNプライムオンライン

【前編:「ちゃんとやらなきゃって思わないで」阿川佐和子さんに聞く介護との向き合い方 “時々ズル”のススメとは?】 【画像】「個人の努力ではどうにもならないこともある」と語る阿川さん

リモートお見舞い・リモート葬儀を実現!

佐々木アナ: コロナ禍では、介護施設にお見舞いに行けない、訪問介護を行うのが難しいなど、さまざま見聞きしましたが、実際のところはいかがでしたか。 阿川さん: それはありましたよ。母の認知症の進み具合はゆっくりゆっくりだったのだけど、さすがに2019年の暮れくらいから足元も危なくなってきて、家でケアするのも大変になってきたんですね。1月から3月までの寒い時期だけでも、父もお世話になった病院にショートステイで入ってもらおうということになりまして。 そうしたら、ちょうど新型コロナの感染拡大と重なって、ショートステイのはずが病院に「継続でお願いします」とお願いし、そうしたら、2月に病院から連絡があって、母が小さな脳梗塞を起こした、と。口に少し麻痺も出て、食べ物を口から入れられなくなるというので面会に行ってね、でもその後いよいよ完全に面会謝絶になってしまって。すると、アメリカに住んでいる弟が、一度はお見舞いには帰れたものの渡航制限も始まってきたから、「リモート面会できますか?」と病院に提案したんですよ。 私はすぐに病院側に「申し訳ございませんっ!新型コロナで大変なときに新しいことに取り組んでくださいなんて、弟が無理なお願いをしたようで」ってお詫びの電話をしたの。そうしたらまあ姉弟喧嘩になってね、「面会謝絶になっている他のご家庭のためにも良かれと思って提案したのに、勝手に保護者みたいな顔して!」「なに~」なんてやりあって。しばらく経って病院から、「リモート面会ぜひ試してみたいんですけど、ご協力いただけますか」って連絡があったんです。 佐々木アナ: えぇ?まさかの展開ですね。 阿川さん: リモートでビデオ通話を試みて、母の病室に端末を持っていってもらってね、「母さ~ん!わかるぅ?」なんて呼びかけたら、「はぁ?」って母の反応はそれほどよくないけれど、「あぁ動いてる!まだ生きてる!」って姿をこちらは確認できるだけで、随分違うということがわかったんですよ。 病院側も「こういう時だからこそ、大変いいアイデアをありがとうございました」と言ってくださり、たまたま私の友人のご両親が同じ病院に入っていらして。リモート面会を実行して、「父が手を振ってくれて、本当に感激した~~。面会に行けなかったから、ずっと心配していたから」と言ってくれてね。 佐々木アナ: 大きな貢献ですねぇ。 阿川さん: その後、母は点滴をしている箇所から感染が起こって熱が出て、病院からも「この事態は不要不急ではないです。すぐにいらしてください」と呼ばれたんです。私ともう一人の弟と夜も病室に泊まれる準備をして駆けつけて、アメリカの弟とビデオ通話をしながら、酸素マスクをしている母に「母さ~ん」と呼びかけながらね、反応はないんだけど、姿が見えているということが本当に大きくてね。結局、私と下の弟が見守る中、時々ロスの弟とビデオ通信でつなぎながら、母は息を引き取ったんです。 佐々木アナ: …技術の進化があるからこそできたこともあったんですね。 阿川さん: そう。そして、次は葬儀をどうするか?という話になったのね。もうその頃は完全に渡航制限されていたから、弟も日本に帰ってきたいけど帰れない、どうしようかということになって。結局、リモートで葬儀に参加したんですよ。端末越しに喪服着て、お焼香もしてね。お寺さんからしても、「夏のお盆で何百人も集まる行事をどう実現しようかと考えていた矢先だったので、いい経験をしました」と言ってくださいました。

【関連記事】