Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コカ・コーラシステム、医療機関に飲料130万本を寄付 “聖火リレー“を“医療従事者“へつなぐ

配信

食品産業新聞社ニュースWEB

コカ・コーラシステム、医療機関に飲料130万本を寄付 “聖火リレー“を“医療従事者“へつなぐ 日本コカ・コーラと、全国5社のボトリング会社などで構成されるコカ・コーラシステムは、新型コロナウイルス感染症への対応を行っている医療従事者の人々を応援するため、医療機関などに対して清涼飲料約130万本を寄贈する「Refresh Japan」プログラムを開始した。 5月中旬から公益社団法人日本医師会を通じ、全国の感染症指定医療機関などに対して製品の寄贈を行う。現在、受け入れ先を集約しており、製品の提供を希望する医療機関は、日本医師会から案内されている所定の手続きに沿って申し込みする。 寄贈予定の商品は、「コカ・コーラ」「ジョージア」「綾鷹」「アクエリアス」「い・ろ・は・す」 の5アイテム。休憩時間にワンショットで飲み切れるサイズの300ml前後のアイテムにしたという。日本コカ・コーラの担当者は、「提供予定の製品は、もともと全国各地の聖火リレーの沿道や会場などで配布する予定のものでした。しかし、この未曽有の事態においては、今、応援すべきは全国の医療機関の最前線で戦う医療従事者の皆様であると考え、そうした気持ちを込めてコカ・コーラシステム全体で無償提供を決めました」とする。 コカ・コーラシステムでは、今後も関係団体と連携の上、全国の感染者受け入れ医療機関や感染拡大防止拠点などにも製品の寄贈を進める考え。 今回の寄贈について、日本医師会の横倉義武会長は、「現在、医療関係者は、日々、過酷な状況の中で、新型コロナウイルス感染症と戦っています。そのような中で、清涼飲料を無償でご提供いただくこととなりましたことは大変ありがたく、医療従事者にとっても、大きな力になると確信しております。今日の状況はいつ終息するか分かりませんが、引き続きのご支援・ご協力をお願いた します」とのコメントを寄せている。

【関連記事】