Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

桐生祥秀が日本人スプリンターの 意識を変えた日。「世界と勝負する」

配信

webスポルティーバ

東京五輪&パラリンピック注目アスリート「覚醒の時」第8回 陸上短距離・桐生祥秀日本インカレ陸上 男子100m決勝(2017年) リオ五輪を彩ったアスリートのスーパーボディ10連発  アスリートの「覚醒の時」――。  それはアスリート本人でも明確には認識できないものかもしれない。  ただ、その選手に注目し、取材してきた者だからこそ「この時、持っている才能が大きく花開いた」と言える試合や場面に遭遇することがある。  東京五輪での活躍が期待されるアスリートたちにとって、そのタイミングは果たしていつだったのか......。筆者が思う「その時」を紹介していく――。  2017年9月9日の日本インカレ男子100m決勝。桐生祥秀は日本人初の9秒台となる9秒98で優勝した。その勝利は、高校3年の13年4月29日から背負い続けてきた重荷から、ようやく解放され、桐生がスプリンターとして新しい一歩を踏み出した瞬間だった。  高校1年で国体少年B(高1と中3が出場)で優勝し、翌年の高2の国体少年Aでは10秒21の日本ジュニア新で優勝。その1カ月後には10秒19まで記録を伸ばしていた桐生は、この時点ではまだ関係者に注目されるだけの存在だった。  それが、高3で出場した織田幹雄記念大会で一変。桐生はこれが初めてシニアの選手たちと競うレースだったが、その走りに会場はざわめいた。

追い風0.9mの条件下で予選第3組に出てきた桐生は、前年のロンドン五輪200m代表の高瀬慧と飯塚翔太を置き去りにして、10秒01で走り抜けたのだ。この記録は風速計が旧式だったため公認されなかったが、当時の世界ジュニアタイ記録で、日本陸連が設定した同年8月の世界選手権派遣記録をも突破するものだった。  決勝は、追い風2.7mの非公認記録条件になった。終盤に硬さが出たものの、桐生は10秒03で、12年のロンドン五輪100mと4×100mリレーに出場した山縣亮太と江里口匡史にも競り勝って優勝。10秒01が単なるフロックではないことを証明した。  98年12月のアジア大会で伊東浩司が10秒00を出して以来、9秒台は、日本の選手にとって届きそうでなかなか届かない領域だった。織田記念のレース後に桐生はこう話している。 「9秒台は夢だったのですが、あと0秒02だから現実(実現可能な目標)になったと思います」  これをきっかけに桐生の名前は全国区になり、"9秒台"への日本中の期待を一身に背負うことになった。

【関連記事】