Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師に聞く】なんで水虫は毎年繰り返し発症するの?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Medical DOC

夏になると、治ったと思った水虫が再発してしまう。もしかしたら、そんな悩みを抱えていませんか。また、家族の中で、犯人捜しをしていないでしょうか。間違った詮索より、正しい対策を取りましょう。その方法を、「鎌倉かまりんヒフクリニック」の福永先生に教わりました。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 福永 有希(鎌倉かまりんヒフクリニック 院長) 浜松医科大学卒業。横浜市立大学附属病院皮膚科入局後、おもに神奈川県内の総合病院や皮膚科へ勤務。2018年、神奈川県鎌倉市に「鎌倉かまりんヒフクリニック」開院。皮膚の発信する「かまってちょうだい!」というアラートに耳を傾けるべく、日々の診療にあたっている。日本皮膚科学会皮膚科専門医。日本美容皮膚科学会、日本アレルギー学会、神奈川県皮膚科医会の各会員。

再発の原因が自分にある場合

編集部: 夏になると治ったはずの水虫が再発します。どうしてでしょう? 福永先生: 治りきっていないことが多いようです。水虫は症状を感じなくても皮膚の角質層に原因菌が潜んでいることがあります。まだ菌が残っている状態で治療をやめてしまうと、夏の高温多湿とともに再び増殖してしまうのです。 編集部: 薬の使用は、どれくらいの期間するものなのでしょうか? 福永先生: 「見た目がきれいになってから数ヶ月」が目安です。おおむね半年くらいと考えておくと良いでしょう。水虫の原因菌が爪に入り込んでいる場合は1年くらい注意が必要です。せっかく治療するなら、医師のOKが出るまで頑張ってみてください。 編集部: かゆみを感じないところにも、水虫菌はいるのでしょうか? 福永先生: 水虫だから「かゆい」とは限りません。水虫の原因菌に対する皮膚の防御反応をかゆみとして感じる人もいますが、少数派です。ほとんどの方は、かゆみをあまり感じていないので、気づかないうちに水虫が広がってしまうのです。 編集部: やはり、薬の継続使用が一番だと? 福永先生: そういうことですね。皮膚のターンオーバーの周期にあわせて、水虫の治療は少し長めに、と考えてください。外用薬の場合、両足全体に塗るようにしましょう。1箇所だけと思っていても、水虫菌は足全体に広がっている可能性があります。 編集部: 靴や靴下も気になってきました。 福永先生: 靴下は洗濯をすれば大丈夫です。靴は風通しをよくして保管すること、除菌スプレーなどをかけておくのも効果的です。毎日同じ靴ではなく、清潔にした違う靴を履くようにするのも大事です。

【関連記事】