Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドイツの老舗メゾンが発表した新型ダイバーズウオッチは、マリンシーンの視線を独り占めにする優雅さと高機能を備える

配信

WATCHNAVI Salon

2019年に次世代のラグジュアリーダイバーズウオッチとして華々しいデビューを飾った、「グラスヒュッテ・オリジナル(GLASHUTTE ORIGINAL)」の「SeaQ パノラマデイト」。1969年に製造された同社初の潜水時計、「Spezimatic RP TS 200」にインスピレーションを得たクラシカルな造形と本格機能を搭載する本コレクションに、早くも2つの新バリエーションが加わることが発表された。 【SeaQ パノラマデイトの夜光シーンはコチラ】

美しき本格派ダイバーズ! プロの潜水士が求める必須条件をクリア!!

昨年のデビュー時はステンレススチールケースモデルのみのラインナップだったが、今回、新たに18Kレッドゴールドケース仕様と、ステンレススチール+18Kレッドゴールドのバイカラーモデルが加入することになる。いずれもガルバニック仕上げの重厚で奥行き感のあるサンレイ文字盤や、セラミックリングをセットしたレッドゴールド製の回転ベゼル、4時位置にパノラマデイトを備える。ダイバーズらしい力強い時分針とアラビア数字インデックス、さらにはホワイトの大型日付表示が、光沢感のあるブラック文字盤と美しいコントラストを描き、ラグジュアリーな雰囲気を一層高めている。

そして「SeaQ パノラマデイト」は、高級感あふれる造形だけでなく、プロダイバー向けに徹底吟味されたスペックも特徴だ。高深度の水圧に耐える防水性能のほか、海中や暗所で効力を発揮する蓄光型の夜光を装備。精度の安定性、耐海水腐食性など、世界でもっとも厳しいとされるドイツ工業規格(DIN)と国際工業規格(ISO)の両ダイバーズウオッチの項目に準拠しており、さらには社内で24日間にも及ぶ防水性や気密性、耐久性などの試験を実施。すべての規格や試験に合格したモデルのみが、その合格証明書付きで納品されるという。 搭載ムーブメントは、2016年に新世代の自動巻き主力機として開発された自社製キャリバー36のアップデート版「キャリバー36-13」。耐磁性に優れるシリコン製ヒゲゼンマイ、パワーリザーブ100時間といった高機能に、ケースの固定方式をバヨネット式(カメラのレンズなどを固定するのと同じ方式)へと改良し、耐衝撃性も格段に向上させている。

【関連記事】