Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日産、「エルグランド」マイチェンでデザイン一新 安全装備も拡充

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Impress Watch

 日産自動車は10月12日、「エルグランド」をマイナーチェンジして発売した。価格は369万4900円~556万500円。 【この記事に関する別の画像を見る】  今回のマイナーチェンジでは、デザインを一新するとともに、全方向から運転をサポートする「360°セーフティアシスト」を全車標準装備とするなど、先進安全技術を拡充。  さらに、漆黒のフロントグリルやフォグランプフィニッシャーなどの専用装備に加え、存在感を際立たせる輝きと力強さを誇る特別仕様車の「アーバンクロム」シリーズが新たに設定された。 先進安全技術  今回新たに、前方を走行する2台前の車両を検知し、急な減速などにより自車の回避操作が必要と判断した場合には、警報によってドライバーに注意を促す「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」、走行中に隣接レーンの後側方を走行する接近車両との接触を回避するようステアリング操作を支援する「インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)」に加え、BSW(後側方車両検知警報)、RCTA(後退時車両検知警報)などの先進安全技術を標準装備。  さらに、標識検知機能は進入禁止標識検知機能に加え、最高車速標識検知機能と一時停止標識検知機能を追加。エルグランドは、全車が「セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)」の該当車となる。 デザイン  外観は、繊細な作り込みで力強さに磨きをかけたフロントグリルを採用。感性を刺激する精悍な漆黒の「ブラッククローム」と高級感のあるエレガントな「サテンクローム」を設定。  ボディカラーは日産の新色である「ピュアホワイトパール」「ミッドナイトブラック」「ディープクリムゾン」など2トーンを含む全5色をラインアップ。  内装は、インストルメントパネルからドアトリムにかけて水平基調に仕立てることでワイドな広がり感を演出。中央にはピアノブラックでまとめた10インチの大型ディスプレイを配し、先進感とプレミアム感のあるインテリアに仕上げている。  また、その先進感のあるコクピットに合わせたプレミアムシートは、連続したキルティングパターンに変更して、よりいっそう高級かつモダンな印象に仕上げている。 室内空間  運転席は、運転のしやすい圧倒的な視界を確保するとともに、後席はリラックス姿勢を維持するシートバック中折れ機能を備えたキャプテンシートを採用。さらに後席には角度調節可能なアームレストや折り畳み式シートサイドテーブル、大型のオットマンなども装備し、リビングにいるような快適な室内空間を実現している。

Car Watch,編集部:塩谷公邦

【関連記事】