Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

乃木坂46山下美月「殻を破ることが出来た」実写版『映像研』で感じた手応え

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 大童澄瞳のマンガを『あさひなぐ』の英勉が実写化した映画『映像研には手を出すな!』が、9月25日に公開された。“最強の世界”を夢見てアニメーション制作を志す女子高生3人の姿を描く本作。乃木坂46 3期生の山下美月はカリスマモデルでありながらアニメーター志望の水崎ツバメ役を演じている。  主人公の浅草みどり役を演じたのは乃木坂46 1期生の齋藤飛鳥、そしてプロデューサー気質の金森さやか役に扮したのは山下と同期の梅澤美波だ。乃木坂46のメンバーがメインキャスト3人を務める同作。山下は撮影を通じ「殻を破ることが出来た」と実感しているという。

内側にある強さを表現できるように

 同作は今年1月から3月までアニメ版が放送された。実写版は連続ドラマが4月から全6話で放送、今回の映画はドラマから話が続いている。山下が演じた水崎は両親が有名な俳優で、自身もカリスマ読者モデルと常に人からの視線を集める存在。その姿は、乃木坂46のメンバーとして活躍し、ファッション誌「CanCam」(小学館)の専属モデルも務める山下とどこか通じる部分がある。 「ツバメちゃんと自分自身は近いと感じました。でも私は自分に似ている役を演じるのはすごく苦手で、逆に真反対だったり、“この人のこの性格はわからないな”というキャラクターの方が演技しやすいんです。なので、ツバメちゃんを演じる上では、“山下美月にならないように”というのを心掛けていました」  浅草・金森に比べて、山下演じる水崎は性格に強い特徴があるわけではない。それゆえ、撮影現場に入る前までは独特のプレッシャーを感じていたという。 「2人に比べるとツバメちゃんはどこか“普通寄り”のキャラクターというか、癖が強いわけではないので、お話をいただいた段階で『求められるハードルが高そう』とプレッシャーを感じました。でも原作を読むと、ツバメちゃんに“弱さ”を感じませんでした。それは顔の強さだったり、キリッとしたかっこよさみたいなものが光っているからと感じたからです。実写版を演じる上では、ツバメちゃんが画面に映るだけで流れを変えられるような存在になれたらという気持ちがありました。内側にある強さを表現できるように意識していましたね」  撮影が進むにつれ徐々に手応えも感じ始めた。そしてやはり水崎ツバメというキャラクターは山下とシンクロする部分が多かったという。「アニメに対する熱量というか真っ直ぐさが似ていると思いました。自分が“これが正解”だと思ったら人から何を言われようと突き進むところは私とリンクしていると感じます。良い意味でも悪い意味でも、周りの意見を聞かない性格が同じ。頑固さが近かったです」と微笑んだ。

【関連記事】