Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【横浜FM】先制アシストの高野遼「ガンガン仕掛けていこうと決めていた」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サッカーマガジンWeb

9月16日に行なわれた明治安田生命J1リーグ第24節で横浜F・マリノスは清水エスパルスに3-0で勝利し、連敗を3でストップした。先制アシストの高野遼は、これまでの経験が生きたと語った。 左サイドで積極的に仕掛けた高野。今季3度目のフル出場を果たした ■2020年9月16日 J1リーグ第24節(@日産ス:観衆4,171人) 横浜FM 3-0 清水 得点:(横)エリキ2、オナイウ阿道

苦い思いを糧に

 開始9分、高野がいきなりチームを勢いに乗せた。左サイドでボールを受けると、果敢に1対1を仕掛けて相手DFを振り切る。ゴールライン際からマイナスのクロスを送ると、走り込んでいたエリキがボレーで合わせ、先制のゴールネットを揺らした。 「今日はウイングバックなので、自分のところでガンガン仕掛けていこうと決めていた。最初の仕掛けがうまくいって良かった」。最初のプレーから、ギアはトップに入っていた。  苦い思いを糧に変えた。前回先発した、第15節の名古屋グランパス戦。「フィニッシュに持っていくことや、ラストパスを出せなかった」。1-3で敗れた悔しさをバネに、この日は攻めの姿勢を貫いた。  そして、J2でのプレー。「甲府の時に、ずっとやっていたので」。小学生の頃から育ってきた古巣に大学経由で戻ってきたが、ルーキーイヤーの夏から1年半、ヴァンフォーレ甲府へ期限付き移籍していた。シーズン頭から甲府の一員としてスタートした2018年は、J2で34試合に出場。3バックを敷くチームで、ウイングバックとしてプロの世界を戦い抜いてきた。  今年はメンバーから外れる時期もあった。今季リーグ戦5度目の先発。「ウイングバックはワイドで張って、自分の良さは出せる」。攻守に積極性を出し続け、フル出場で勝利を告げるホイッスルを聞いた。 “借り”は返したが、高野の目はすでに次を見据えている。「今日ならアシストは2、3いけた。シュートまでいくのも、次に向けての課題だと思う」。甲府から復帰した昨季は、右ヒザに重傷を負い、シーズンほとんどを棒に振った。今季もまだまだ、走り足りないはずだ。 取材◎杉山 孝 写真◎Getty Images、J.LEAGUE

サッカーマガジン編集部

【関連記事】