Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米ディズニー・ワールド、マスク着用なしのゲストに厳しい措置

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
コスモポリタン

2020年7月11日から段階的に再開をはじめた、フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート。 同園では、ゲストの安全を守るべく様々な新型コロナウイルス感染症対策が導入されていたけれど、今回新たにゲストのマスク着用を徹底するための新ルールが取り入れられることに! 【写真】米「ディズニー・ワールド」、再開後の様子 再開にあたり、入園時の体温測定や食品購入時のキャッシュレス化、当面のミート&グリーティングの中止など、密を避けた上でゲストが安心して楽しめるような取り組みを行っているウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート。 熱中症を防ぐ目的で設置された「リラクゼーションゾーン」や飲食中を除いて、2歳以上のゲストにはパーク内ではマスクの着用が義務付けられているものの、新ルールではアトラクション乗車中のマスク着用を徹底するために、とある措置がとられるよう。

<CNN>などの現地メディアの報道によると、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは、一部のアトラクションで実施されている乗車中の写真撮影において、ゲストがマスクなしで写った場合には、該当する写真の販売を拒否するとのこと。 また、ディズニー・ワールドに関する非公式ニュースサイト<Walt Disney World News Today>によると、購入ができないだけではなく、オンラインで写真がダウンロードできるフォトパスというシステム自体からもデータが削除されるよう。 7月1日から再開された東京ディズニーランドとディズニーシーでもこのルールが適用されるかどうかは明らかになっていないものの、現在どちらもゲストやキャストの安全を第一に考えた対策をとった上で運営されている。 一方で新型コロナウイルスの感染者数が世界的に再び急増している現在、7月15日には香港ディズニーランドが再び休園するという措置をとったばかり。今後、世界中のパークでどのような安全対策が取られるのか、引き続き注目したい。

【関連記事】