Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

一条 澤井匡生監督「巧みに守り、果敢に攻めよ」

配信

高校サッカードットコム

 勉強と部活の両立を目指す県でも上位の進学校で、サッカー部は2016年からはインターハイと選手権に3年連続で出場。近年の奈良県をリードする存在と言えるのが、一条高校だ。昨年は、チームの礎を築いた前田久氏が総監督となり、OBでA級ライセンスを保持する澤井匡生監督がコーチから監督に昇格。新たな時代への一歩を踏み出した注目校のスタイルや育成方針について、澤井監督に聞いた。 【フォトギャラリー】一条サッカー部 ーー6月から段階的にチーム活動を再開されました。  選手と一緒にサッカーできるのはやっぱり楽しいですね。グラウンドに出ても誰もいない状況が長く続いていたので、指導者としての存在意義を感じられず、選手あっての指導者だと改めて実感する機会になりました。選手は大事な時間を失ったので、今後は更に指導者として1日1日の練習を大事にしようという想いが強くなりました。中断期間中にweb会議システムを使って練習をするチームもありましたが、一条は学校の課題も多かったので、トレーナーの指示をLINEグループに投稿したくらいでした。前田久総監督と共に時々、「グラウンドに返ってきた際に、それぞれが万全の準備をして欲しい」の声掛けをしましたが、基本的には各自に委ねるくらい。選手はプレーするからこそ、課題や”もっと上手くなりたい”という気持ちが生まれると考えていたからです。僕としては、サッカーをやりたい気持ちを貯め込み、再開した時に爆発させて欲しいと考えていました。再開してからは、前向きに頑張ろうと意欲を見せてくれていますし、しんどいけど楽しんでくれています。 ーー今後は選手権に向けてチーム作りが本格化していきます。チームとして目指すスタイルを教えてください  前田総監督の時代から、掲げる「巧みに守り、果敢に攻めよ」というスローガンは今も変わりません。ただ、昨年僕が監督に就任してからはスローガンをより深く考えて欲しかったので選手にアンケートを書いてもらいました。みんながやりたいサッカーや、一条らしいサッカーに漠然と取り組みのではなく、集約して目指すサッカーを摺り寄せていこうと考えたのです。今年のチームに関しては、「昨年は全国大会に出られなかったけど、今年はどんな想いで挑む?」と投げかけ、選手同士の話し合いの中で「隙なき一条、最後の一歩まで」という二つ目のスローガンもできました。選手権予選の決勝もプリンスリーグ参入戦も試合終盤の隙によって、勝利を逃してきたため、このようなスローガンになったのだと思います。 ーー澤井監督も就任1年目に勝負の難しさを痛感されたのではないでしょうか。  改めてチームを勝たせてきた前田総監督の凄さを感じましたし、僕がこれからより拘っていかなければいけない部分だと感じました。「巧みに守り、果敢に攻めよ」というスタイルに関しては納得いく形で表現できるようになったとは思います。”巧みに守り”の部分である賢く組織的に守ることができ、(プリンスリーグ参入戦の)履正社高校戦では終盤まできちんとブロックを作って戦えました。”果敢に攻めよ”の部分も、みんなで勇気を持って後ろからパスを繋ぎ、厚みのある攻撃ができました。ただ、勝負所になるとセットプレーでやられる試合が多く、僕が詰め切れていなかったと痛感しました。プラン通りに試合を進めても、与えた隙を突かれてしまいました。(選手権予選の決勝)五條高校戦も相手をいかに食い止めるかばかりを考えていて、もうひと詰めすべきでした。 ーーコーチと監督では、また違った大変さもあります。  Bチームや1年生を担当していた今までなら、そのグループを引き上げてAチームに昇格させるのが役割でした。でも、監督になるとAチームだけでなく、BチームやCチーム、1年生チームにまで目を配らなければいけません。OBや保護者など色んな人の想いを背負っている分、見る視野をより広く持たなければいけないと感じた一年でした。同時にコーチと監督では見られ方も違います。コーチ時代からの選手を納得させる材料が必要だと考え、前田総監督時代の良さを残しながらも、自分が目指すスタイルを示そうと考えました。新チームが始まった当初は一切勝てず、選手も付いて行って良いのか疑心暗鬼だったと思います。でも、夏休みに白星が増えてからチーム状態が上向きになりました。結果的に選手権は負けましたが、引退した3年生や保護者から「良かった」、「ありがとう」の言葉を貰えて嬉しかった。同時に、最後に結果を残せなかった責任をより感じました。

【関連記事】