Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

個人投資家急増中! 投資を始めて間もない人が気を付けるべきことって?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、個人投資家が急増しています。 資産運用の重要性を考えれば、現在のような低金利下では預貯金では運用成果は見込めないことから、個人が投資に目を向けることは自然の流れであるといえます。しかし、コロナ禍という特殊な状況下であることを考えると、急速な個人投資家の増加が市場にとって健全かどうかは意見が分かれるところです。 ここでは、今後の株価推移の予測とともに、投資を始めて間もない個人投資家が気を付けておきたいことについて考えます。

コロナ後、株価は急速に回復

新型コロナウイルスの影響で3月下旬に一時株価が急落。その後、徐々に戻し現在の水準はほぼコロナ前の状況まで回復しています。専門家の間では、この株価回復に対しさまざまな意見が出ています。 株価回復の要因には、日米欧ともに新型コロナウイルスに対応する策として、中央銀行がさまざまな金融緩和を行っていることや、各国政府の景気刺激策などに加え、個人投資家が増えたことも要因とされています。

ネット証券の口座数が急増

近年、ネット証券会社が急速に口座数を増やしています。ネット証券最大手のSBI証券は口座数が2月に500万を突破、2位の楽天証券も3月に400万口座を突破し、SBI証券を追走しています。預かり資産も両社ともに大きく伸ばしています。 ネット証券は、既存の営業店舗型の証券会社に比べ手数料が安いことが大きな特徴ですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で従来型の証券会社は営業活動、窓口対応に大きな影響を受けました。 この半年間で証券会社首位である野村證券はほとんど口座数を伸ばせていないことから、口座数だけで見れば首位が交代していると思われます。

個人投資家が急増

ネット証券が浸透してきた状況下で、コロナウイルスの感染が拡大しました。 その結果、テレワークによる在宅勤務が増え、個人で使える時間が増えたことや、株価急落で投資機会があったことなどが個人の投資意欲に拍車をかけ、ネット証券会社の口座数が急増、個人投資家が増えたと考えられます。1人10万円の特別定額金の一部も、市場に流入しているともいわれています。 市場参加者が増え、資金流入が増えれば株価は上がります。個人投資家が増えたことが、今回の株価上昇の一因となっていると考えるのが妥当でしょう。

【関連記事】