Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師に聞く】妊娠中の新型コロナ感染リスクは? 胎児にも影響はある?

配信

Medical DOC

一般的に妊娠中は免疫力が低下しやすくなるといわれており、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対しての不安が膨らんでしまいます。 実際のところ、妊娠中だと新型コロナウイルスの感染リスクは高まるのでしょうか? また、もし感染していた場合、胎児に影響は出てしまうのでしょうか? 日本感染症学会専門医の加藤先生に取材しました。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 加藤哲朗先生(日比谷クリニック 副院長、日本感染症学会感染症専門医)

編集部: 妊娠中だと一般の人と比べて、新型コロナウイルスへの感染リスクは高まるのでしょうか? 加藤先生: 現時点ではそのようなデータはありません。一般の人(妊娠していない人)と感染リスクとしては高くも低くもないようです。 編集部: もし妊娠中に感染してしまった場合、胎児には影響はありますか? 加藤先生: これについても様々な説があり、はっきりしたことが言えません。母子感染がおこった事例の報告もありますが、大丈夫だという報告もあります。日本では、新型コロナウイルスに感染した妊婦さんが無事に帝王切開で出産し、新生児は陰性であったというニュースもあります。 編集部: 妊娠中は免疫力が低下するので、コロナウイルスの感染症状は重症化しやすいのでしょうか? 加藤先生: 妊娠中は胎児に対する免疫反応が出ないようにするために免疫力が下がっているとも考えられています。では新型コロナウイルスに対しての免疫も低下しているか、ということについて、現時点ではそのようなデータはありません。同じウイルス感染でもインフルエンザは妊娠中に罹患すると重症化しやすいというデータがあるのですが、新型コロナウイルスでは必ずしもそうでもないようです。 編集部: 出産時は家族の立ち会いなどは控えたほうがよいでしょうか。ほかにも新生児との接触などは避けるべきでしょうか? 加藤先生: お産をする産婦人科の施設や主治医、流行状況などによっても変わってきます。基本的には施設・主治医の意向に従ってください。出産の立ち合いによる感染リスクの増大を当然考慮しなくてはなりません。新生児との接触についても施設の方針があると思われますので、それに従っていただくようお願いします。 編集部: 妊婦が日常生活で気をつけることはありますか? 加藤先生: 通常の感染対策を継続することが重要です。一般的に言われている「3密」を避ける、手指衛生、うがい、咳エチケット、ソーシャルディスタンスなどです。 また妊娠の週数によってはずいぶん先の話になるかもしれませんが、出産時のことなども含め、早めに主治医とよく相談しておく方が良いでしょう。特にいわゆる里帰り出産を考えている方は、帰省そのものによる感染のリスクと、帰省先での産婦人科の予約状況などによって対応できない可能性などがありえますので、計画的な行動をご検討ください。 現時点で妊婦と一般人に感染リスクの差があるという報告はないので、過度に心配する必要はありません。普段からできる感染症対策を徹底しましょう。

Medical DOC

【関連記事】