Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大和証券が子会社「コネクト」でつなげるもの──大槻社長に訊く……1株投資、ポイント運用【7月サービス開始】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CoinDesk Japan

証券各社が投資のハードルを下げるために「スマホ証券」や「ポイント投資・運用」などに注力する中、大手証券会社・大和証券グループも7月1日に参入する。2019年に設立した子会社の「CONNECT」(コネクト)が6月26日、7月からのサービス開始を発表した。 同社は1株単位でリアルタイム取引ができる「ひな株」サービス(NISA対応)のほか、Pontaや永久不滅ポイントを利用した投資が疑似体験できるサービス、株主になる体験ができる街づくりゲームアプリも提供する。 大和証券でオンラインビジネスに長く従事してきた大槻竜児社長に、コネクトが目指すものについて訊いた。

なぜ「1株投資」を始めるのか 「価格の乖離・時間の乖離を解消したい」

──コネクトの構想・サービスはいつごろから検討していたのでしょうか。 サービスの検討を始めたのは2018年8月です。ちょうどその頃、大和証券が取り切れていない20代、30代を中心としたいわゆるデジタルネイティブ世代に向けたサービスを立ち上げるための準備室が大和証券内に設立されました。 ただ経営陣から「こういうサービスをやれ」と言われたわけではなく、まずどんなサービス、どんなアプローチがいいのか考えるところから始めて、最終的に「株式投資」を選びました。 ──なぜ「株式投資」を選ばれたのですか? 私自身、30年近く株式に関わってきて、配当や優待の魅力、所有するだけで資産を生む魅力、身近なものに投資できる面白さがあるのに若い人たちに伝えきれていないという思いがあった。 株式投資は、社会とのつながりを感じられるものであり、資本主義を支える、経済の発展につながるものです。投資信託でも分配金は得られますが、基本的に利益は再投資されるものですし、個人投資家からしてみれば「特定の企業を応援する」という類の商品ではありません。その点、株式投資は自分が選んだ先に直接投資できる点も面白い。 証券会社に入社してまさか証券会社つくるとは思いませんでしたが(笑)、少額での取引を可能とするとともに、リアルタイム約定に挑戦して価格の乖離と時間の乖離を解消したいと思いました。 ──価格と時間の乖離ですか? はい。まず「価格の乖離」についてですが、要は株式投資をするのに多額の資金が必要だということです。昔は1000株単位、今でこそ100株単位ですが、それでも数十万円くらいは覚悟しなければいけない。若い人がおいそれと出せる額ではないですよね。そこで少額での取引を可能とする「ひな株」を始め、1株単位で買えるサービスを提供することにしました。 1万円など「金額単位」で買えるサービスにするか、「1株単位」で買えるようにするか悩みましたが、1株ごとにしました。若い方が見るのはネットかもしれませんが、新聞の株価欄にある価格で買えるという点で分かりやすいですし、1株ずつ買い増して1単元(100株)に到達すれば、優待も受けられます。 そして「価格の乖離」は、約定価格のことです。各社の提供する単元未満株式のサービスは、注文しても約定して値段が確定するのは当日の終値や翌日の始値であることがほとんどです。最近の相場のように日中に大きく値動きがあると、注文時に見ていた価格とまったく違う値段で約定することもあります。 そこに加えて「時間の乖離」で、翌日にならないと約定しない、価格が分からないというサービスでは、スマホで便利なサービスに慣れ親しんだ若い世代は違和感を覚える。取引所の時間内であれば、注文したら、いま見ていた値段でリアルタイムに約定するというレスポンスの速さでサービス提供したかった。 ──御社サービスは1株ごとに買える点だけでなく、ポイント投資も特徴です。 共通ポイントであるPonta(ロイヤリティ マーケティング)、永久不滅ポイント(クレディセゾン)などを振り替えて疑似運用できるサービスです。指定の上場株式の1株価格に残高が達したら、実際の株式に交換できます。 我々が優先したのは、身近なポイントを通じて擬似的な投資体験ができる機会をつくること。そのために個別株式のポイント運用で特許をお持ちのSTOCK POINTさんと提携しました。実際の投資ではマイナンバーを提出して口座を開設しなければいけませんが、ポイントを通じた擬似運用であれば、すぐに始められます。

【関連記事】