Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

テレビリモコンの操作状況で家族の安否が確認できる、JVCケンウッドの最新みまもり電池とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
@DIME

JVCケンウッドの JVCブランドより、 リモコンのIoT化を実現する商品として、 国内テレビメーカー各社に対応する簡単リモコン&みまもり電池「RM-A535SHMB」「RM-A535TOMB」「RM-A535HIMB」「RM-A535PAMB」「RM-A535SOMB」の計5モデルを7月下旬より発売する。 ※イメージやグラフなどの画像が削除されていない元記事は「@DIME」にてご覧になれます。 本機は、 同社製のテレビ用簡単リモコンにノバルス社製の「MaBeeeみまもり電池」(乾電池型IoTデバイス)をパッケージした商品。 特別な機器や工事も不要で簡単に見守りサービスを利用可能。 離れて暮らす家族のリモコンの操作状況をスマートフォン経由(専用アプリ)で確認し、 安否を知ることができる。 ※:見守りサービス(ノバルス社提供)の利用には別途サービスへの加入が必要。 (月額980円) 「MaBeeeみまもり電池」をリモコンの電池ボックスに装着し、 見守られる側のスマートフォンと「MaBeeeみまもり電池」をBluetoothで接続することで、 専用アプリを介して見守る側のスマートフォンにリモコンの操作状況を通知する仕組みだ。 見守られる側がリモコンを使用すると、 クラウドを通じて見守る側のスマートフォン(専用アプリ)に“リモコンのボタンを押した履歴“が通知されることで、 安否が確認できる。 本サービスは、 見守られている側はいつも通りにテレビのリモコンを使っているだけでよいため、 見守りカメラにあるような「監視されている感覚」を低減できる。 また、「みまもり電池サービス」の利用開始は、 パソコンやスマートフォンから申し込むだけで、 簡単に設定が可能。 特別な機器や設備、 工事なども不要だ。 しかも「MaBeeeみまもり電池」は市販の単4電池を入れて使う乾電池型のデバイス。乾電池と同様の扱いでリモコンにセットでき、 電池が切れても入れ替えればよく、 繰り返し利用可能だ。 そのほか、専用アプリでは、トークルームに最大6名までグループを登録でき、 家族の皆で見守ることが可能。 普段は一般的なメッセージアプリと同様にチャットでの会話ができる。 リモコンの使用状況を検出し「毎朝見ているテレビ番組を今朝は見ていない」など、 普段と異なる場合にトークルームに通知※。 また、 電池残量の低下を検知した場合にはアラートを通知する。 ※通知設定に基づき通知。 関連情報:https://www.jvc.com/jp/accessory/lineup/rm-a535-mb/ 構成/DIME編集部

@DIME

【関連記事】