Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「大倉の分まで!!」4人の関ジャニ∞ 「エイトの日」に”原点”大阪・松竹座から無観客生配信ライブ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

 アイドルグループ「関ジャニ∞」が8日、大阪市の大阪松竹座で、単独では初の無観客生配信ライブ「Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025~大好きなこの街から~」を行った。激務が続いていた大倉忠義(35)は、他のメンバーが体調面を心配して強制休養させ、4人での出演となったが、デビュー前からの思い出が詰まった場所で、大倉の分までかっこよくて面白い関ジャニ∞を存分に見せつけた。  大倉の出演見送りにより、休演も検討されたが8月8日は「エイトの日」としてファンと一緒に歩んできた記念日。エイター(ファン)のために、同記念日では初となるコンサートは4人でもステージに立つと決めた。  オープニングはメンバーの楽屋からの生中継。大倉の応援うちわで顔を隠したメンバーが「私は誰でしょうか?」と言いながらステージ裏にたどり着くと、丸山隆平(36)の「大倉の分まで元気でかっこいいの届けるで!!」の掛け声に合わせて4人が円陣を組んだ。  松竹座はデビュー前の2002年に初のコンサートとなるクリスマスライブを開催した、グループの出発点となった場所。この日は、デビュー当時に愛用していた法被姿で、まずは「好きやねん、大阪。」を披露。中央には大倉の分のマイクスタンドも設置された。  横山裕(39)は、この日のためにデビュー当時と同じ金髪姿に。その横山の発案で、「松竹座メドレー」と題したコーナーの中で大倉のソロ曲「Butterfly I Loved」を4人で歌う粋な演出も。客席に置かれたペンライトは、大倉のメンバーカラーの緑色に染まった。  メンバーが戦隊ヒーローにふんし、寸劇を披露するおなじみの「∞レンジャー」も、グリーンの大倉が不在であることを題材に、センターポジションを奪い合うという内容で展開。悪役を演じてきたジャニーズWESTの中間淳太(32)と桐山照史(30)もVTRで登場した。  バンドスタイルも交えて全16曲を歌ったステージのアンコールでは、4人が大倉の顔写真と「TADAYOSHI OHKURA」の文字が入ったTシャツを着て「Cool magic city」を関西ジャニーズJr.とともに大合唱。自宅から見届けていたであろう大倉にも応援歌として届いたはずだ。

【関連記事】