Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

セレブをめぐる怪しい3つの陰謀説

配信

ELLE ONLINE

嘘か誠か、背筋がゾクっとするものから思わず笑ってしまうものまで、あらゆる陰謀説をご紹介。

マイケル・ジャクソン

経済的トラブルを避けるために死亡を装った説やイラン国民の反米行動をやめさせるためにイラン軍幹部が暗殺した説など死後に様々な噂が浮上したマイケル。彼を死亡させたコンラッド・マレー医師が回顧録『This is It! The Secret Lives of Dr. Conrad Murray and Michael Jackson』中でメンションしたのが、マイケル去勢説。マレー元医師によると、高音ボイスを維持するためにマイケルが12歳のときにジャクソン5のマネジャーでもあった父親ジョー・ジャクソンが息子に化学的去勢剤ともなるホルモン注射を打ち始めたというのだ。マイケルの高音テナーや4オクターブの声域が化学的去勢のおかげかどうかは不明だけど、今後も新たなコンスピラシーが浮上するのは間違いなさそう。

レディー・ガガ

昨年、イギリスのタブロイド紙が書き立てたレディー・ガガをめぐるコンスピラシーは常人の想像を遥かに超える! コンスピラシー論者がここ数年にわたって主張しているのは、ガガ様の殺人&身分詐称説。被害者はリナ・モルガナで、ロブ・フサリと当時はステファニー・ジャーマノッティを名乗っていたガガ様と同じエージェントの元で活動していたシンガーだという。ガガ様はリナのバックアップ・シンガーであることに我慢ならず、リトルモンスターの手助けでライバルを殺害。ちなみに、公式にはリナは2008年にステッタン島のホテルから投身自殺したことになっていて、ガガ様がアルバム「ザ・フェーム」を発売したのはリナの死から1週間後のこと。エキセントリックなファッションやメイクを好んだリナのスタイルを盗んで、今のガガ様が完成したというけど、タイムライン的にはやや無理がある?

ミーガン・フォックス

新型コロナ・ウィルス蔓延中に夫との別居を公表したミーガン。デビュー以来、顔立ちが少しづつ変化し続けているため、ファンの間で23人の女性がミーガンを演じている説と、クローン説が浮上。ミーガンにそっくりな女性を23人も見つけるのは大変だし、エージェントがそんな努力をするとはにわかには信じがたい。それなのに加齢や美容整形による変化と認めないところがハードコアなファンたる所以? というのもミーガン自身がコンスピラシー論者で、2年前にはトラベル・チャンネルで『Mysteries and Myths with Megan Fox』を製作。考古学界の通説を否定したり、政府がUFOとの遭遇を隠蔽していると糾弾したり…。結構、トホホ。

【関連記事】