Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

TMAX560/テックマックス RC甲子園コンプリート試乗インプレ【発進加速の差が顕著】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

530ccにアップした’12年モデル以降、TMAXのコンプリートマシンを手掛けてきたRC甲子園が、’20年型のTMAX560/テックマックスでも同様のRCKコンプリートをリリース。動力性能のアップ分に対してシャーシ、ブレーキとも十分に許容範囲であり、パッケージングは崩れていない。ヤマハ車を知り尽くしたRC甲子園らしいアップグレードだ。

[◯] 発進で3車身以上の差。車体との相性も良好だ

以前の記事で紹介したように、排気量を561ccにアップした新しいTMAXは、スポーティなだけでなく上質さも兼ね備えたマキシスクーターだ。RC甲子園のコンプリートマシンはこれをモディファイしてさらに速くしたということで、パワフルなSモード同士で比べてみた。  その違いは、発進してすぐに体感できた。加速中に常用する回転域が明らかに高いのだ。STDが5000rpm付近を維持しながら速度を上げていくのに対し、コンプリートマシンは6000rpm以上でグングンと加速していく。試しに2台で加速性能を比べたところ、ゼロ発進では60km/hに到達するまでに目測で3車身以上の差が開き、体感だけでなく実際にも速いことが証明された。一方で、50km/hからの中間加速ではほとんど差が付かなかったことから、信号発進の多い市街地走行ほど恩恵を受けやすいと言える。 なお、動力性能のアップ分に対してシャーシ、ブレーキとも十分に許容範囲であり、パッケージングは崩れていない。ヤマハ車を知り尽くしたRC甲子園らしい内容だろう。

――― 外観上での差異は立体エンブレムの末尾に追加されたMのゴールドステッカーのみだ。まさに羊の皮を被ったマシンといっていい。 ―――

――― ダイナモでの最高速はRCKコンプリート、STDどちらも168km/hとなっている。 ―――

――― ピークパワーはSTDの38.19psに対し、コンプリートマシンは43.15psにアップ。 ―――

[△] ジェントルさは減少。価格は3万アップに

スロットル微開でもSTDに対して1000rpmほど高い回転数を維持するので、エンジンの存在感が強まってしまった。また、先代はSTDと同価格だったのが、560ではプラス3万3000円に上昇。

【関連記事】