Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

KAVC FLAG COMPANY2シーズン目に突入、オパンポン創造社ら6団体参加

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ステージナタリー

兵庫・神戸アートビレッジセンターが実施する「KAVC FLAG COMPANY 2020-2021」のラインナップが発表された。 【写真】8月20日に行われた「KAVC FLAG COMPANY 2020-2021」開催記者会見の様子。(メディアギャラリー他1件) 昨年スタートした「KAVC FLAG COMPANY」は、アーティストと劇場が協働して多様な舞台表現を生む、“創る劇場”を目指して企画された舞台芸術セレクション。2シーズン目となる「2020-2021」には、関西を中心に活動するAhwooo、努力クラブ、安住の地、オパンポン創造社、劇団不労社、うんなまの6団体が参加し、それぞれ同会場のKAVCホールで公演を行う。11月にはAhwooo「パンと日本酒」、来年1月には努力クラブ「救うか殺すかしてくれ」、2月には安住の地「!play!」、オパンポン創造社「オパンポン★ナイト~ほほえむうれひ~(仮)」、3月には劇団不労社「BLOW & JOB(仮)」、うんなま「ANCHOR」が上演される予定だ。 同劇場の舞台芸術プログラムディレクターを務めるウォーリー木下は「昨年より始まった KAVC FLAG COMPANY、おかげさまで今年度もやることになりました。関西を中心に活動している“今見るべき”カンパニーを紹介する企画だったのですが、今年は、それだけではなく、演劇が今できることを、劇場が今できることを、一緒に考え、発信していくものになりそうです」と構想を明かしつつ、「演劇は“答え”ではなく“設問”です。ぜひ、劇場に来て下さい。そして一緒に考えましょう」と観客に呼びかけた。 ウォーリー木下コメント 昨年より始まった KAVC FLAG COMPANY、おかげさまで今年度もやることになりました。 関西を中心に活動している“今見るべき”カンパニーを紹介する企画だったのですが、今年は、それだけではなく、演劇が今できることを、劇場が今できることを、一緒に考え、発信していくものになりそうです。 否応なしに。 今回、参加してくれるカンパニーはいわゆる小劇場と呼ばれる場所を主戦場としています。 彼らがこの時代に何を考えて何を創ろうとしているのかは、とても興味があります。 小劇場という“自由”な空間だからこそ生まれる表現は、必ず観客の皆さんにも“自由”ということを考えるきっかけになると思っています。 演劇は“答え”ではなく“設問”です。 ぜひ、劇場に来て下さい。そして一緒に考えましょう。 「KAVC FLAG COMPANY 2020-2021」 Ahwooo「パンと日本酒」 2020年11月13日(金)~15日(日) 兵庫県 神戸アートビレッジセンター KAVCホール 作・演出:中野そてっつ 出演:牧野亜希子、如月萌 努力クラブ「救うか殺すかしてくれ」 2021年1月22日(金)~24日(日) 兵庫県 神戸アートビレッジセンター KAVCホール 作・演出:合田団地 出演:佐々木峻一、西マサト、大石英史 ほか 安住の地「!play!」 2021年2月5日(金)~7日(日) 兵庫県 神戸アートビレッジセンター KAVCホール 作・演出:岡本昌也、私道かぴ 出演:中村彩乃、森脇康貴、日下七海、にさわまほ、山下裕英、武田暢輝、雛野あき、沢柳優大、吟醸ともよ、タナカ・G・ツヨシ ほか ※「!play!」の1つ目の「!」は逆感嘆符、沢柳優大の「柳」は旧字体が正式表記。 オパンポン創造社「オパンポン★ナイト~ほほえむうれひ~(仮)」 2021年2月26日(金)~28日(日) 兵庫県 神戸アートビレッジセンター KAVCホール 作・演出:野村有志 出演:野村有志、川添公二、飯嶋松之助、伊藤駿九郎、成瀬遥 ほか 劇団不労社「BLOW & JOB(仮)」 2021年3月12日(金)~14日(日) 兵庫県 神戸アートビレッジセンター KAVCホール 作・演出 :西田悠哉 出演:宮前旅宇、村田千晶 ほか うんなま「ANCHOR」 2021年3月26日(金)~28日(日) 兵庫県 神戸アートビレッジセンター KAVCホール 作・演出:繁澤邦明 出演:秋桜天丸、雀野ちゅん、和栗一 ほか

【関連記事】