Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バルサ指揮官、ダービー辛勝に言及「あまり良い試合をできなかった」

配信

SOCCER KING

 バルセロナのキケ・セティエン監督が、リーグ戦について言及した。9日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。  8日に行われたリーガ・エスパニョーラ第35節で、バルセロナはエスパニョールとの“バルセロナ・ダービー”を迎えた。『カンプ・ノウ』で行われた一戦は互いに退場者を出す波乱の展開となりながらも、バルセロナが1ー0で勝利を収めている。試合後の記者会見に出席したセティエン監督は、苦しい試合だったと認めているようだ。以下のように語った。 「我々はあまり良い試合をできなかった。エスパニョールのディフェンスに対して、非常に難しさを感じたよ。彼らは非常に素晴らしい守備をしていたし、バルセロナとしては攻撃面で崩すのに苦労した」 「エスパニョールは自陣に多くの選手を集めていた。あれだけの選手がいれば、シュートを放つのは簡単ではないね。リーグ戦のタイトル争い?それは、レアル・マドリード次第だ。彼らがどのような結果を残すか、我々は待つしかない」  エスパニョールに勝利したバルセロナは暫定ながら、首位レアル・マドリードとの勝ち点差を1に縮めている。

SOCCER KING

【関連記事】