Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バイリンガル化・強いインフラ・ユニコーンも誕生。世界のテックハブとして進化する台湾

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

タピオカミルクティーや台湾在住YouTuberらの情報発信により、日本人に一層身近になっている台湾。今後は「テックスタートアップ」という側面でも交流が盛んになるかもしれない。 以前お伝えした通り、台湾は2030年までに英語教育を普及させバイリンガル国家になる計画を推進中だ。言語障壁がなくなることで、日本を含め世界中から人材が集まるハブになる可能性を秘めている。 また他国に負けないテクノロジーインフラを有しており、アジアを超え世界のテクノロジーハブになるポテンシャルも秘めている。 これまでテックスタートアップという切り口であまり話題になることが少なかった台湾。水面下で起こる大きな変化を追ってみたい。

ネットスピードは世界一、台湾の驚くべきテックインフラ

テックハブと聞いて、まず思い浮かべるのは米シリコンバレーだろう。 そのシリコンバレーをシリコンバレーたらしめる要素はいくつかあるが、最も重要な要素の1つに半導体企業クラスターの存在が挙げられる。 シリコンバレーではまず半導体産業が発展し、その株式公開に伴う潤沢な資金がスタートアップに流れ込むという仕組みが構築された。こうした半導体企業とスタートアップの間には、資金だけでなく高度スキルを持つ人材の行き来もあったことが想定され、シリコンバレーの発展における半導体企業の資金・人材面での役割は不可欠であったと思われる。 この点で、台湾の北西部・新竹市にある半導体企業クラスターは、台湾のテックハブ化で重要な役割を果たすことになる。半導体製造でこの10年世界トップを独走するTSMCに加え、UMC、PowerChip、Vanguardなど、いずれも世界市場シェア上位を占める企業が集積しているのだ。 半導体に加え、通信の側面からも台湾のテックハブとしての可能性を見て取ることができる。 Cable.co.ukが実施している世界のネットスピードに関する調査(2019年版)によると、世界最速のネットスピードを叩き出したのは台湾だったのだ。5ギガバイト(GB)の映画をダウンロードするのに要した時間は8分2秒。トップ10には、2位シンガポール(ダウンロード時間、9分38秒)、3位ジャージー島(10分7秒)、4位スウェーデン(12分22秒)、5位デンマーク(13分52秒)、6位日本(15分57秒)、7位ルクセンブルク(16分22秒)、8位オランダ(16分58秒)、9位スイス(17分34秒)、10位サン・マリノ(17分37秒)がランクインした。 2020年6月末からは、台湾通信大手中華電信が5Gネットワークの運用を開始。これに続き、台湾モバイルや遠伝電信などの大手も5G運用を始めている。また8月には国内4社目としてTスターモバイルが5G運用を開始している。

【関連記事】