Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

絶対食べたい! 最強カレー5選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LEON.JP

世の中に美味しい料理は星の数ほどあれど、LEON.JPならまず「モテ」なくちゃ。まず旨い、かつモテる=女性ウケ抜群! な目線で厳選したカレー店の総括編です。 ◆連載/美女カレー「あの子がお気に入りのカレーを紹介!」

発祥はインド、でももはや日本の国民食となった「カレー」。 「秘密戦隊ゴレンジャー」では、ぽっちゃり体系のキレンジャーがカレー大好きという設定だったことから、カレーはなんだかイロモノ的な扱いを受けてきました。 しかし、ここ数年のスパイスカレーブームにより、すっかり地位を向上させたカレー。かの「ミシュランガイド」にも多くの店がビブグルマン、もしくはミシュランプレート(無星)としてランクインしています。 そこでここではカレーのさまざまな側面から「モテ」を追究してみたいと思います。

デートできるカレーなら「スパイスバル コザブロ」

大阪で生まれたとされるスパイスカレー。そもそもカレーにはスパイスが多く使われているので、そのネーミングが“頭痛が痛い”状態であるものの、すっかり市民権を得た名前です。そこに厳密な定義はないものの、一皿で完結させることが多く、上のように2種を「あいがけ」にするスタイルも人気。サラダやハーブ、チャトネを盛り合わせて、混ぜて食べるスタイルが推奨されています。

「スパイスバル コザブロ」はスパイスを利かせた肴で一杯飲んで、〆にカレーを供するバルスタイル。ゆえに、カレーと言ってもその一杯を食べてサヨナラではなく、前にも後にもストーリーを展開できるのが利点。デートでカレー、いけますよ。

ミールスの食べ方をご指南 「三燈舎 」

ひとことにインドと申しましても、その大地は広大でして、主に小麦粉を食する北インドと、米を食する南インド。さらに、バターなどを使って濃厚クリーミーなカレーの北インドと、スパイスを多用してシャバシャバ汁気が多いカレーの南インドと、その食文化も大きく異なっています。

ここ数年、スパイスカレーが人気になったのと時を同じくして、注目を集めているのが南インド料理。そしてその代表的なものが「ミールス」。一枚の大皿(たいがいのインド料理店ではステンレス製のトレーが使われています)に、ライスや数種のカレー、そして南インドの味噌汁のようなラッサム、サンバルといったスープを盛り合わせて供される、定食のような料理です。

【関連記事】

最終更新:
LEON.JP