Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍で再注目! 若い子は聞いたこともない!? ドライブインシアターが復活

配信

ベストカーWeb

    2010年10月、最後に残っていた大磯プリンスホテル駐車場での上映を最後に姿を消した、「ドライブインシアター」が近年復活したという。 【画像ギャラリー】あまりよく知らない人もいるドライブインシアターのミニ知識   青春時代にデートで行ったなど懐かしさを憶える読者もいれば、平成生まれの読者では聞いたことすらない……という方もいるのではないだろうか? しかし、このドライブインシアターが、コロナ禍で問題となっているソーシャルディスタンスを保ちながら楽しむエンタメとして、今再び注目を浴びている。   今回は、ドライブインシアターとはなんぞや!? というおさらいから、復活したドライブインシアターの人気具合や気になる上映作品など最新情報をお届けしたい。  文/大音安弘 写真/Adobe Stock(Gabe Shakour@Adobe Stock)、Do it Theater

■米国で生まれたドライブインシアター

    ドライブインシアターとは、巨大な平置き駐車場内に設置された大型スクリーンで上映される映画を、クルマの乗ったまま楽しむ屋外映画施設だ。その歴史は、自動車大国アメリカで始まった。   世界初のドライブインシアターは、1933年6月に米国ニュージャージ州カムデンに誕生。当時の記事によると、オープンには、20~30の異なる州から約600人の集まったという。好奇心の強い新しもの好きの人たちの関心を強く引いたことが伺える。   1施設600人の観客からスタートしたドライブインシアターは、第2次世界大戦後、全米で定着。ピークとなった1950年代には、4000を超えるまで増えたというから驚き。   16歳になったら、運転免許を取得して、親のクルマでデートするなんて、古きよき青春映画のような光景が繰り広げられていたことが想像される。米国でのブームを受けて、その後、欧州でもドライブインシアターが広がったと言われる。   広大な土地のある米国では、ドライブインシアターの設置場所に困らず、しかも映画館を建てるよりもずっとローコストであったことも、普及を加速させた要因であった。   ただオープンが夕方以降に限定されること。気温の下がる冬場は、客足が遠のくなどの課題も抱えていた。そのため、多くの客を集めるために、さまざまなイベントを実施したりもしていたようだ。   また当初は、映画音声の提供に試行錯誤があったようだが、カーステレオの普及が追い風となり、FMラジオを通じて提供されるようになった。   残念ながら、1970年以降は衰退の道を歩むことになり、その数が減少。この背景には、地価の高騰に収益の悪化や家庭用ビデオの普及などが影響したと言われる。   また屋外上映に相応しくない大人向け作品の扱ったドライブインシアターの存在も、市民から非難を浴びるようになったようだ。少しデータは古いが、2014年3月時点で、348の施設が運営中とのこと。この数は、全米の映画館の約1.5%に過ぎないそうだ。

【関連記事】