Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

声優石井マーク、適応障害回復し復帰「気持ち新た」

配信

日刊スポーツ

適応障害で、19年12月27日に療養のため声優活動を無制限に休止すると発表していた、声優の石井マーク(28)が1日、活動を再開すると発表した。その上で、声優とナレーターの事務所アクセントに所属すると併せて発表した。 「この度、2019年12月に『適応障害』と診断され、12月末に事務所退所と同時に約半年間の療養の為休業しておりましたが、お仕事を再開できるまでに心身共に回復いたしましたので、7月1日より復帰させていただくこととなりました。また、ご縁もあり、復帰と同時に株式会社アクセント様にお世話になることとなりました。(中略)ゆっくりとではございますが、気持ちを新たにお仕事に向き合って行きたいと思っております」 石井は19年12月27日に文書を発表し「この度、石井マークは、12月から適応障害による体調不良と診断され、療養の為、約3年半お世話になりましたジャストプロを離れ、制限を設けず声優活動の休止をさせていただくこととなりました」と報告。その上で「今回の件に関しましては、過去に仕事関連で悩み、臨床心理士の方に相談したところ『ADHD』や『アスベルガー』などの発達障害の傾向が大いにあるという結果になりました」と説明した。 さらに「事務所のスタッフではなくジャストプロの子会社スタッフに対する不信感から、以前より自分自身でも発達障害の傾向を感じる場面が続き」と、仕事上のストレスがあったと主張。その上で「そこからくるストレスも相まって、11月頃から緊張やストレスを感じる状況下に置かれると、喋っている途中で言葉が詰まったり、喋ろうとしていたことが急に飛んでわからなくなり、それをカバーしようと考えるとパニックになるという事が続きました」と症状を説明した。 そして「そういったことにより、仕事に集中できず自分自身に対してもストレスを感じるようになり、病院で診察をしていただいた結果『適応障害』により、休職するようにと医師から診断を受けました」とドクターストップがかかったことを明らかにしていた。 加えて「その後、自分自身でも今後どうしたら良いかをよく考え、僕から直接『適応障害』と診断されたこと、声優活動の休止、事務所を退所することを事務所役員の方に相談させていただきました。また、本来であればお世話になった関係者の皆様へきちんとご報告ができるよう、1月の発表を希望していたのですが、事務所役員の意向により急遽12月27日をもって退所となりました」と、事務所の意向もあり、年内の退所を発表したことを明らかにしていた。 一方で「回復に向け病院の医師と相談しながら、今患っている障害や、自身の心と改めて向き合い、一刻も早く復帰できるよう、療養に専念しておりますので、引き続き、あたたかく見守って頂けますと幸いです」(コメントは原文のまま)と、今後の声優業への復帰の可能性も示唆していた。 石井は2014年7月に公開された、スタジオジブリのアニメ映画「思い出のマーニー」で、杉咲花が演じた彩香の兄武役で声優デビュー。同年10月にTBS系で放送されたアニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」のベルリ・ゼナム役で初主演した。他に「ハイキュー!! シリーズ」の灰羽リエーフ役などで知られる。16年3月には声優の榎本温子と結婚したが、18年8月に離婚している。

【関連記事】