Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イニエスタの浮き球パスから“空手キック弾” 神戸の“高速連係”を海外称賛「比類なき空襲」

配信

Football ZONE web

鳥栖戦で見事な決勝ゴール、4人の華麗な連動からドウグラスがジャンピングボレー弾

 ヴィッセル神戸は8日、J1リーグ第3節でサガン鳥栖とアウェーで対戦し、1-0で勝利した。3試合目で今季リーグ戦の初勝利を飾ったなか、海外メディアは後半30分に生まれたFWドウグラスの決勝ゴールに注目。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタのアシストから生まれた一撃を「比類なき空襲」と称えている。 【動画】神戸の4選手が華麗に連動! イニエスタの浮き球パスからドウグラスが“空手キック弾”を決めた瞬間  昨季の天皇杯王者である神戸は今季、2月8日の富士ゼロックススーパーカップからシーズンをスタート。昨季のリーグ覇者である横浜F・マリノスをPK戦の末に破ると、続くAFCチャンピオンズリーグ(ACL)は2連勝と幸先の良いスタートを切っていた。だがJ1リーグは、ホームでの横浜FCとの開幕戦に1-1で引き分けると、新型コロナウイルスによる約4カ月の中断期間を経て、今月4日に行われた第2節ではサンフレッチェ広島に0-3で敗戦と、ここまで白星を挙げられていなかった。  この日もアウェーの駅前不動産スタジアムに乗り込んだ神戸は、思うように鳥栖の守備を崩せなかったが、後半30分、華麗な連係からゴールが生まれる。左サイドから攻め込むなか、一度相手にクリアされたボールにMF山口蛍が素早く反応し、ダイレクトで縦パスを供給。これをMF郷家友太が、右回転しながら右足のヒールで中央のイニエスタに落とすと、スペインの名手も浮いたボールをダイレクトで相手最終ライン裏のスペースへ浮き球スルーパス。後方からの難しいボールとなったが、これをドウグラスが空手キックのようなジャンピングボレーで叩き、ゴール左上隅にシュートを突き刺した。  山口のパスから4タッチで生まれた華麗なコンビネーション弾に、海外メディアも注目。オランダのサッカー専門サイト「VoetbalPrimeur」は「日本で比類なき空襲:ヒール、イニエスタのパス、空手キック、ゴール」と、鮮やかな連係によって神戸がゴールを陥れたことを伝えている。  中2日で行われる11日の第4節も、大分トリニータとアウェーでの対戦となる神戸。過密日程でのゲームが続くなか、チームに勢いをもたらしそうなゴラッソによって今季リーグ戦の初勝利を手にした。

Football ZONE web編集部

【関連記事】