Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【クイーンS】先週末は3着以内馬の45.2%が差し脚質 56kgも馬場・展開が向きそうなフェアリーポルカを信頼

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SPAIA AI競馬

2、3着馬の72.2%が差し・追込馬

夏の北海道から秋のビッグレースを目指す牝馬たちによって争われるクイーンS(GIII・芝1800m)。現在2連勝中のフェアリーポルカ、昨年の2着馬スカーレットカラー、重賞2勝のコントラチェックなど好メンバーが揃った。 【クイーンS2020予想】札幌の牝馬重賞、有力馬の評価は?今の勢いなら本命は間違いなくアノ馬!(東大HC編) 馬場適性の観点から予想・分析するにあたり、まずは函館開催となった2013年を除いた過去9年のクイーンSの結果からレース傾向について見ていこう。 1分45秒台の高速決着になることもあるが、9年中5回は1分46秒台後半から47秒台前半の決着となっている。上がりタイムも小回りの洋芝コースということもあり、34秒台後半から35秒台前半の決着が多いが、33秒台後半の上がり決着になることもあるので、その点には注意しておきたい。 開幕週に行われることが多く、過去9年はいずれも良馬場での開催となっていただけに、勝ち馬は7頭が逃げ・先行脚質だった。しかし、2着と3着馬に注目してみると、対象馬18頭中10頭が差し馬、3頭が追込馬と72.2%が中団より後方からレースを進めており、意外な結果が見られた。 その理由として、札幌競馬場は小回りコースで洋芝の力が要る競馬場であるが、同じ北海道の函館競馬場と比較すると、コーナーの半径が大きいという点が挙げられる。緩やかなカーブが続くため、仕掛けひとつで勢いに乗って直線へと向かうことができるので、開幕直後でも差し馬の台頭がしやすいということなのだろう。

1800mの新馬戦で上がり33.6

続いて先週末の7月25日(土)と26日(日)に札幌競馬場の芝コースで行われた14レースの結果から馬場傾向について分析していく。 日曜日に行われた3歳以上1勝クラスの1800m戦では1:47.9、同じく3歳以上1勝クラスの1500m戦で1:28.2というタイムが計測されていた。また上がりタイムも1500m以上のレースでは34秒台後半~35秒台後半の決着が多く、勝ちタイムと上がりともに過去のクイーンSと遜色ない決着になると予想する。 ただし、バスラットレオンが勝利した1800mの新馬戦では、前半1000mの通過が1:05.1とスローペースだったということもあるが、上がり33.6の決着となっていることからも、小回りコースで速い上がり決着に対応した実績がある馬は押さえておきたいところだ。 3着以内に入った馬、42頭のうち45.2%にあたる19頭が差し・追込馬と先述した理由から、差し馬の台頭も見られた開幕週の札幌競馬。しかし、勝ち馬に限ると15頭中(1着同着があったため)10頭が逃げ・先行馬となっており、勝ち切るにはある程度前目でロスのない競馬をすることが求められる。

【関連記事】