Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ビールで楽しい気分に」 奄美・沖縄の自然遺産応援缶、イラスト作者の尚味さん

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
南海日日新聞

 鹿児島県奄美市名瀬のイラストレーター・尚味さん(34)は30日、キリンビール九州統括本部南部九州支社の井本亜香支社長らと奄美市の朝山毅市長を表敬訪問した。同社が九州限定で同日発売した「一番搾り奄美・沖縄世界自然遺産登録応援デザインパック」について説明。尚味さんは「島の宝である動植物が世界に羽ばたくイメージで描いた。多くの人が興味を持つきっかけになれば」と語った。

 デザイン缶は同社が2017年から実施するキャンペーンの一環で、売り上げ1本につき1円を関係機関に寄付する。奄美・沖縄デザインは昨年から主力商品「一番搾り」のパッケージとして売り出され、19年は38万7336本を販売。20年は52万8000本を目指すという。  尚味さんは大阪出身。奄美市住用町出身の夫と共に14年に奄美に移住した。デザイン缶について「南国らしい色のコントラストや人の温かさも伝わるよう工夫した。暗いニュースが多い中、ビールを飲んで楽しい気分になってもらいたい」と話した。

奄美の南海日日新聞

【関連記事】