Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リメイクで再注目 日本中が「眠れない」と熱狂した『24』最強伝説

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 今月9日よりテレビ朝日系で放送が始まった日本版リメイク『24 JAPAN』(毎週金曜 後11:15分~深0:15※一部地域を除く)。2003年から10年にかけて一大ブームを巻き起こした海外ドラマ『24』(邦題:『24-TWENTY FOUR-』)の日本初リメイク作品だ。オリジナル版へのリスペクトが感じられた第1話。はてさて『24』とはどんな作品だったのか。伝説となった数々のエピソードについて、当時を知る関係者に取材を敢行。これを見れば(読めば)より『24 JAPAN』が楽しめること間違いなしだ。 【写真】『24 JAPAN』で日本版ジャックを演じる唐沢寿明 【作品力がすごい!】24時間ワンストーリー、リアルタイムで事件が進行  オリジナル版『24』(以下、『24』)は、9・11同時多発テロからわずか2ヶ月後の2001年11月6日より米国のFOXで放送がはじまったテレビドラマ。物語内の時間と視聴者の現実の時間が同じ速度で進行、事件がリアルタイムで展開しながら、CMも含めた1話60分、全24話。24時間でワンストーリーを描くというエンターテインメント史上初の試みが実行されたのだ。  『24 JAPAN』の元にもなっているシーズン1は、カリフォルニア州の大統領予備選前夜、テロ対策ユニット(略称:CTU/Counter Terrorist Unit)のロス支局リーダー、ジャック・バウアーが、アフリカ系米国人として初の大統領候補となったパーマー上院議員の暗殺テロの計画とCTU内部に内通者がいることを知らされることから始まる。大統領候補暗殺計画を軸に旅客機爆破、誘拐、殺人、拉致、機密漏洩など、さまざまな事件が同時多発的に発生。ジャックはたびたび窮地に追い込まれながらも24時間でこれらすべてを解決するため、奔走する。  24時間といえば、2時間の映画12本分の長さ。そのスケールの大きさだけでなく、出演者すら騙されてしまう緻密な脚本、どんでん返しの連続で予想できない展開、分割画面やデジタル時計の表示などでリアルタイム進行を盛り上げる独自の画面演出、何よりテロ阻止と誘拐された家族の救出に命をかけるジャック・バウアー役のキーファー・サザーランドの熱演に視聴者は心を奪われた。『24』はまたたく間に人気ドラマとなり、やがて日本をはじめとする世界各国でもブームを巻き起こしていく。  そんな『24』が日本に上陸したのは、2003年10月3日。新作VHS&DVDとしてレンタルが開始されることになった(セルは同年11月3日発売)。米国ではすでに「シーズン3」の放送が始まろうとしている頃だ。  今回、『24』を日本で大ヒットさせた仕掛け人の一人、20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパンの元社員・Sさんから当時の話を聞くことができた。

【関連記事】