Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【プレイバック】“柏ダービー”を制して 日体大柏が33年ぶり二度目の全国へ!

配信

高校サッカードットコム

間も無く令和2年度シーズンが開幕。新シーズンに先駆けて、過去の熱戦をプレイバック。 【フォトギャラリー】日体大柏 vs 流通経済大柏 【2019.06.19 令和元年度全国高校サッカーインターハイ(総体)千葉予選 決勝T決勝 日体大柏 vs 流通経済大柏】  6月19日、令和元年度全国高校サッカーインターハイ(総体)千葉予選決勝トーナメント決勝が行われ、日体大柏が流通経済大柏を下し初の全国切符を手にした。  3対3のスコアで迎えた延長後半もすでにアディショナルタイムに入っていた。 「PK戦による決着か……」  そんな雰囲気が会場を包むなか、右サイドからのスローインを得たのは日体大付柏が劇的な逆転弾につなげた。殊勲者は“10番”の長崎陸(3年)。負傷から復帰しばかりで、この日は後半からの“時間限定出場”だった。 「自分が入ったときは負けていたので(2対3)、FWとして僕が決めるんだという思いが強かったです」(長崎) まさに有言実行だ。振り出しに戻す後半終了間際のPKと、起死回生の逆転ゴールをゲットし、チームを窮地から救った。 「昨年の総体予選は準決勝で負けていたので、今年は何とか全国への切符を取りたいと思っていました。いつも応援してくれる仲間やサッカー部以外の人たちのためにも勝ちたかったです」(長崎)  全国屈指の激戦区として知られる千葉県の総体予選。出場枠が2つから1枠になり、一段と緊張感が増していた。  6月19日、県総合スポーツセンター東総運動場。決勝の地に名乗りを上げたのは“常連”の流通経済大柏と、Jクラブの柏レイソルとの相互支援契約によって着実に力をつけてきた日体大柏だ。立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛けたのは前者。それを5バック主体で受け止めていたのが後者だった。  日体大柏の酒井直樹監督はこう語っていた。 「ボールを握りたくてもなかなか握れないと思っていました。相手の持ち味であるクロス攻撃に怯えながら押し込まれてしまうのか、自分たちが使えるスペースを見つけて、どこまで反撃に出ていけるのか。そこがひとつのポイントでした」  前半の10分、12分に立て続けに失点し、出鼻をくじかれたものの、心が折れることなく、前半22分、後半17分にFWの佐藤大斗(3年)がゴールを決め、追いつく(40分ハーフ)。その5分後、再びリードを許したが、不屈の闘志をむき出しにする日体大柏がついに流通経済大柏という大きな壁を乗り越えた。 “柏ダービー”を制した日体大柏が、33年ぶり二度目の総体出場権を獲得。千葉県を代表し、南部九州総体2019に向かう。  就任4年目の酒井監督が率いる日体大付柏は4-1-4-1システムをベースにしているが、流通経済大柏との決勝のように5バック主体の戦い方も手の内にあり、戦術的な柔軟性を兼ね備えている。守備の中心がキャプテンのCB伊藤夕真(3年)で、攻撃陣を牽引するのがチームの得点源でもあるFW長崎、佐藤、そしてスピード豊かな耕野祥護(3年)らだ。  酒井監督にとって指導人生初の全国大会。否が応でも気が引き締まる。 「全国では、みんなが感動してくれるようなサッカーを見せたいと思っています。そのなかでもしっかり結果を出さないといけない。千葉県の代表として自覚と責任をもって臨みたいと思います」  決勝のヒーロー、長崎もこう意気込む。 「目標はもちろん優勝。たくさんの人たちの応援もありますし、ここまできたらやるしかないです!」  男子サッカーの開会式は7月25日。沖縄の地で、熱い戦いが始まる。

【関連記事】