Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

富岡佳子の「自分らしく心地よい」プライベートスタイル大公開!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

ここ数カ月で、よりパーソナルな満足感を大切にするようになったという富岡さん。自分らしさや心地よさ……行きついたのは、つくり込んでいないワンツーコーディネート。 【写真】富岡佳子さんのファッション&ライフスタイル集 1. ほんの少しの「甘さ」や「色気」を この半年で私たちを取り巻く環境は大きく変わりました。でも私自身、特に仕事に対する気持ちは変わらず、むしろ原点回帰。改めて誌面を通して、読者のかたがたと一緒にさまざまな経験を共有し、成長していきたいと思いました。そしてこんなときだからこそ、ファッションによって前向きな気持ちになれるのでは?とも。なぜならたとえご近所へでも、装うことで私自身が明るい気持ちになれたから。下の写真のコーディネートは、ユニクロのカシミヤセーターの襟と袖口からレースのブラウスをのぞかせ、足もとはヒール靴。少し前ならセーターの下はシンプルなシャツかTシャツだし、フラットシューズかスニーカーを合わせていましたが、今はこんな気分。ベースはますますシンプルに、ワンツーコーデやワントーンコーデが中心ですが、そこにほんの少しの「甘さ」や「色気」を加えたい気分です。たったそれだけのことで気持ちが高揚し、ときめきを感じられ、日常が非日常へと切り替わる。「やっぱりおしゃれは大切だし楽しい!」と思えました。そう、おしゃれを楽しむ気持ちは、パワーと笑顔を生むのです。 WEARING/ KNIT:UNIQLO BLOUSE:THIRD MAGAZINE PANTS/BAG:CELINE BY HEDI SLIMANE EARRINGS:MARIHA RING:SOPHIE BUHAI SHOES:MANOLO BLAHNIK

2. さりげない、きちんと感 不意に出くわした知り合いにも、余裕をもって微笑んでいられるよう、シャツとメガネを味方にしています。Tシャツにデニムでは、ちょっと躊躇してしまうシーンでも、シャツに替えるだけできちんと見え、行動範囲もぐっと広がります。メガネは素(す)に近い顔にフィルターをかけてくれる、頼もしい小道具。ステイホーム後は久しぶりにヒールの靴を買いました。たった5cmのヒールでも履くだけで気持ちが高揚し、おしゃれをしたいと思えたから。

【関連記事】