Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「美智子上皇后」のご体調に異変 原因不明の微熱、左手に違和感も…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

満身創痍

 ご公務が軒並み取り止めの天皇皇后両陛下を始め、皇室のご活動にもコロナは多大な影響を及ぼしている。中でも美智子上皇后には長らくの「おこもり」でご体調に異変が。なんと、原因不明の微熱と左手の違和感というご症状が続いているのだという。  ***

「薄いサングラスにマスク姿でしたが、随分とお痩せになったように見受けられました。何しろ昨年5月の御代替わり頃から体重が激減し、現在も元の状態には戻られていないというのです」  そう話すのは宮内庁担当記者である。上皇后さまは今月11日、検診のため高輪の仙洞仮御所をご出発、宮内庁病院へと向かわれた。 「皇居内の生物学研究所に通われる上皇さまとご一緒に、皇居に入られました。美智子さまの外出は、4月に宮内庁病院の歯科にかかられて以来およそ5カ月ぶり。ご夫妻ご一緒の外出は、3月末に高輪に移られてから初めてのことでした」(同)  ご夫妻を乗せた車は、研究所を経由して宮内庁病院に。上皇后さまは、昨年手術した白内障や乳がんの術後検査などを受け、およそ5時間後に皇居を後にされた。  振り返ればこの十余年、上皇后さまは絶えずお体の変調に苛まれてこられた。そのお姿はまさしく「満身創痍」というほかなく、 「御代替わりの翌月、美智子さまは血液検査で、心機能が低下すると分泌されるホルモンの数値が高いことが判明しました。その後の心臓検査でも、心臓の弁が完全に閉じずに血液の逆流や不整脈が続いているという診断を受けています」(同)  これに先立つ2015年には、心電図検査で冠動脈に狭窄が見つかり、心筋の血流が悪くなる「心筋虚血」と診断されている。また、 「心臓の異変が見つかった直後、昨年6月には両眼の白内障の手術を受けておられます。かねて美智子さまはものが見えづらい症状を訴えられていたのですが“御代替わりを迎えるまでは陛下を支えたい”とのお気持ちが強く、手術を先延ばしになさっていたのです」(同)

【関連記事】