Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍就活の実情を吐露 ユーモアセンス光る『就活川柳』に込められた苦悩と感謝

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 新型コロナウイルスの影響で、例年とは大きく状況が変化した2021年卒の就職活動。3年前から実施されている『就活川柳・短歌/採用川柳・短歌』(HR総研/就職会議)にもその状況が色濃く反映されている。全国の就活生や採用担当者からの公募で、その約8割を占めたのが「WEB面接」についてだった。異常事態における就職活動を、就活生と採用担当者はどう乗り切ったのか、川柳・短歌に込められた彼らの“心の叫び”とは? 【川柳傑作集】「WEB面接は トイレから」異常なコロナ禍就活の実情 『21年卒就活川柳』まとめ ■コロナ禍で就職活動中の学生に「1人じゃないんだということを知ってもらいたい」  企業・団体の人事領域に関する調査・研究を行うHR総研(ProFuture株式会社)と、新卒就活生向けクチコミサイト就活会議の共催による『就活川柳・短歌/採用川柳・短歌』。同企画が誕生したきっかけは、就職活動中もしくはこれから就職活動に取り組む学生に、「1人じゃないんだということを知ってもらいたい」という思いからだった。 「毎年、自身の熱い思いと、少なからず不安を抱きながら就職活動に臨む学生の本音をうまく表現した作品を入選作品として紹介させていただいているのですが、これにより、就職活動中もしくはこれから就職活動に取り組む学生さんに、みんな同じような思いを抱きながら頑張っていて、不安なのはあなた1人じゃないんだということを知ってもらいたい、また、日本の企業の皆様に、一生懸命就職活動に取り組む学生の実情や、本音を理解していただくことで、より良い採用活動に生かしていただきたいと考えました」(HR総研 久木田氏)  学生による就活川柳を募集・発表している企業や就職関連サイトは他にも存在するが、本企画は学生だけでなく、人事担当者側からも募集・発表しているのが大きな特徴。 「スタートした3年前は、経団連が就活ルールからの脱退を表明、採用にAIを導入する企業が現れるなど、就活関連において新しい動きが生まれていた時代でした。学生と人事担当者の双方の思いを同時に発表することで、その年特有のトピックや、新しいトレンドなど社会情勢を端的に伝えられると考えたことも、企画をスタートさせた大きな要因でした」  今年は新型コロナウイルスの影響で、就職活動が本格化する3月に大規模イベントの自粛要請が重なり、企業による合同説明会のほとんどがキャンセルまたは延期に。何より大きかったのは、大半の企業がWEB面接を採用したことだった。それだけに、寄せられた788作品中8割はWEB面接をテーマにしたものに。最優秀賞も学生、採用担当者ともにWEB面接を詠んだ川柳だった。

【関連記事】