Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「とらや」が新栗を使った和菓子 6種類を期間限定で販売

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの経済新聞ネットワーク

 今年収穫された国産の新栗を使った菓子の販売を9月5日、赤坂の老舗和菓子店「とらや 赤坂店」(港区赤坂4、TEL 03-3408-2331)が始めた。(赤坂経済新聞) 【写真】裏ごしした栗と白あんを練り上げた小形ようかん「新栗」  今年は6種類の栗菓子を期間限定で展開。生菓子の「栗蒸羊羹(ようかん)」は、御膳あんに小麦粉とくず粉を加え新栗の風味を損なわないよう蒸し上げた商品。「栗鹿の子」は、白あんの玉を蜜漬けしたつやのある栗で覆う。「栗粉餅(くりこもち)」(以上584円)は、御膳あんを求肥(ぎゅうひ)で包み、裏ごしした栗と白あんを混ぜたそぼろ生地をまとわせる。  ほかにも、9月中旬には栗の風味を生かすため、新栗、砂糖、寒天のみで仕上げた季節の練り菓子「栗ごよみ」(324円)や、ようかんの「栗蒸羊羹」(中形=2,376円、竹皮包=4,752円)も店頭に並べる。10月1日には、裏ごしした栗と白あんを練り上げた小形ようかん「新栗」(368円)も発売。  とらや広報担当の神田奈緒さんは「秋の代名詞といえば栗。風味豊かな新栗を使った当店の菓子は、持ち帰りはもちろん3階の『虎屋菓寮』でもお召し上がりいただける。お菓子ごとの食感の違いを楽しみながら、秋を感じていただきたい」と話す。  営業時間は9時~19時(土曜・日曜・祝日は9時30分~18時)。虎屋菓寮の営業時間は11時~18時30分(土曜・日曜・祝日は17時30分まで)。毎月6日定休(12月を除く)。商品により提供期間が異なる。無くなり次第終了。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】