Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

企業が倒産すると経営幹部は大金をもらえるが、従業員は退職金がもらえないかも…米レンタカー大手ハーツの場合も

配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

米レンタカー大手のハーツは5月22日に破産を申請した。 26日の連邦政府に提出された書類には、幹部が会社を辞めないようにするため、5月19日に340人の幹部に1620万ドルを支払ったと記されていた。 幹部ではない何千人ものハーツの従業員がどうなるのかは、その書類には書かれていなかった。 レンタカー会社のハーツ(Hertz)は、破産申請の数日前に340人の幹部社員に平均4万7709ドル(約513万円)を支払ったと、連邦政府への提出書類の中で述べた。 それは5月19日に配布された合計1620万ドル(約17億4000万円)のことだ。1918年に設立されたハーツは、5月22日に破産を申請した。 ハーツの最高経営責任者(CEO)のポール・ストーン(Paul Stone)は、破産申請の数日前に就任したにもかかわらず、70万ドル(約7500万円)という最高額を受け取った。ハーツの最高財務責任者であるジャメール・ジャクソン(Jamere Jackson)は60万ドル(約6450万円)、最高マーケティング責任者のジョディ・アレン(Jodi Allen)は19万ドル(約2000万円)弱を受け取った。 ハーツは書類の中で、「重要な従業員」を会社に留まらせるために支払ったと述べている。ハーツは支払いの理由として4つの理由を挙げている。 ハーツとその従業員は、世界の旅行業界に悪影響を与えているコロナウイルスのパンデミックによって、「財務上および業務上の不確実性」に直面している。 「重要な従業員」たちは、「非常に困難な事業環境に対応するために縮小された労働力」で「実質的で追加的な努力」を行ってきた。 破産申請をするため、最高幹部は年間のボーナスを失った。 会社が必要としている時に「重要な従業員」たちがハーツを辞めてしまう危険性がある。 書類では、その他の従業員がどうなるのかを明確にしていない。そしてハーツはコメントの要求に応じなかった。最新のアニュアルレポートによると、ハーツは世界中で3万8000人を雇用している(これは現在はおそらく約2万8000人だろう。ハーツは先月、1万人の従業員を解雇すると述べている)。

【関連記事】