Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

朝ドラ『エール』第51話では、裕一(窪田正孝)のもとに福島の藤堂(森山直太朗)から手紙が届く

配信

リアルサウンド

 毎週月曜日から土曜日まで(土曜日は1週間の振り返り)放送されているNHKの連続テレビ小説『エール』。6月8日放送の第51話では、裕一(窪田正孝)のもとに福島の藤堂(森山直太朗)から手紙が届く。 【写真】子供の似顔絵と親バカ全開の裕一(窪田正孝)  裕一と音(二階堂ふみ)に娘が産まれた第50話。第51話では、娘の華が生まれて4カ月。音は炊事洗濯や育児に追われるが、裕一は作曲よりも娘に夢中の毎日。作曲のために出かけた喫茶バンブーでも、裕一は仕事そっちのけで、保(野間口徹)や恵(仲里依紗)、お客さん相手に娘のかわいさを自慢する始末。そんなある日、恩師の藤堂から福島の小学校の校歌を作曲してほしいという手紙が届く。裕一は音に励まされ曲を作るのだが……。  昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一とその妻・音の物語。主演の窪田正孝のほか、二階堂ふみ、野田洋次郎、中村蒼、山崎育三郎、古田新太、野間口徹、仲里依紗、加弥乃、小南満佑子、柴咲コウらがキャストに名を連ねる。

リアルサウンド編集部

【関連記事】