Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高校生平和大使の活動とは 核廃絶署名を国連に届ける「微力だけど無力じゃない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校生新聞オンライン

高校生記者の石橋美羽さん(3年)は、核兵器廃絶を目指し活動する「高校生平和大使」を務めました。どんな活動をしてきたのか教えてもらいました。

核兵器廃絶を願う署名を国連へ、ローマ法王へも謁見

今回は、核兵器廃絶を願い、全国各地で活動している高校生平和大使について紹介したいと思います。

1998年、インドとパキスタンの相次ぐ核実験に危機感を受け、長崎の被爆者が募金をして高校生を派遣したのが始まりです。今年で23代目となり、全国からたくさんの高校生が参加しています。日本政府より「日本ユース非核特使」に任命されており、一昨年度よりノーベル平和賞にノミネートされるなど、長年の活動の積み重ねにより、少しずつ活動が認められてきているように感じます。

主な活動は、全国各地で集めた核兵器廃絶を願う署名をスイスにある国連欧州本部に届けることです。また、この他にも各都道府県によってさまざまな活動を行っています。署名活動はもちろんの事、ローマ法王謁見(えっけん)や、平和式典への参加、修学旅行生との交流、講演会、小学校での模擬授業、県知事表敬など多岐にわたります。被爆者の方から直接お話を聞かせていただいたことをはじめ、たくさんの貴重な体験をさせていただくことができました。

小学生に平和の大切さを伝える模擬授業を実施

私が活動した中で一番印象に残っていることは、小学校で行った模擬授業です。パワーポイントを使い、小学生にも理解しやすい内容になるように意識しました。日本に原子爆弾が落とされたことはもちろんのこと、落とされた後の人々の暮らしなど少しでも身近に感じ興味を持ってもらえるようなきっかけとなればいいな……と思いながら授業をしました。

小学生からは「もっと戦争や核兵器について調べてみようと思う」「高校生平和大使について興味を持った」などの感想をいただきました。一人でも多くの小学生に平和について考えるきっかけを与えられていたらいいなと思っています。

言葉が通じなくても質問する姿に刺激を受けた

私は、広島、長崎からは遠いところに住んでいます。そのため、直接被爆者の方からお話を聞くことはおろか、ほとんど知識もないまま、この活動を始めました。活動をする一番のきっかけとなったのは、第21代高校生平和大使の活動が新聞に載っているのを見たことです。「高校生でもこのような活動ができるんだ!」と興味を持ち、応募をしました。

【関連記事】