Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

天才FW宇佐美が「伝説を沈めた!」 衝撃弾を海外絶賛「イニエスタは見つめるだけ」 

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Football ZONE web

神戸戦でスーパーゴール、海外注目「教科書から切り取られたかのような美しい一撃」

 ガンバ大阪のFW宇佐美貴史が、26日のJ1第7節ヴィッセル神戸戦(2-0)で弾丸ミドルシュートを叩き込んで今季2ゴール目をマークしたなか、チェコメディア「Nova Sport」が「日本人がバルセロナの伝説を大打撃で沈めた! イニエスタは見つめるだけ」と報じている。 【動画】「イニエスタは見つめるだけ」「教科書のような美しい一撃」と海外絶賛! G大阪の天才FW宇佐美貴史、衝撃ミドル弾の瞬間  神戸のホームに乗り込んだG大阪が、後半17分にFW小野裕二のゴールで先制。1-0とリードして迎えた同41分、かつてG大阪の至宝と称された男が特大のインパクトを放つ。  MF井手口陽介から敵陣中央でパスを受けた宇佐美が、トラップから素早くボールを持ち直すと、前からベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン、横から元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが寄せるなかで右足を一閃。ゴールまで約20メートルの位置から放たれた弾丸のような一撃がゴール左上に吸い込まれた。  宇佐美が咆哮を上げ、チームメートや宮本恒靖監督らも勝利を確信したように歓喜。これまで神戸戦で数々のゴールを決めて神戸キラー”と呼ばれた男が、ワールドクラスの相手に囲まれながらも千両役者ぶりを発揮した。  チェコメディア「Nova Sport」が反応し、「日本人がバルセロナの伝説を大打撃で沈めた! イニエスタは見つめるだけ」と報道。記事では「リーグ第7節では、ブンデスリーガでプレー経験のある宇佐美貴史が長距離からスーパーゴールを決めた。ヴィッセル神戸戦で、ガンバ大阪の2-0勝利に貢献した」と伝えている。 「まるでサッカーの教科書から切り取られたかのような美しい一撃で2-0と勝利し、チームも2位で28歳を喜ばせた。彼の行為は、間違いなく相手のスターからも称賛された」  宇佐美の美しいゴールは海外メディアにも衝撃を与えたようだ。

Football ZONE web編集部

【関連記事】