Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

赤なのに全方向の矢印が点灯! 「青信号」じゃダメな信号の不思議

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

普通の青信号と全方向の矢印信号の意味は異なる!

 都市部の車線の多い幹線道路の交差点などでは「赤信号が点りながら、青色の「←」「↑」「→」の矢印信号が同時に点灯する信号を見かけることがある。 【写真】街に溢れる壊すと高いモノ6つ!  直進OK、左折OK、右折OKという意味なら、普通の青信号と同じようにも思えるが、なぜわざわざ3つも矢印信号を追加しているのだろうか?  まず、「青色の灯火の矢印」の意味を確認してみよう。

同じ時間内により多くのクルマが通過できるメリットがある

 免許の更新時の講習会で配られるテキスト=「みんなを守る 安全運転」(編集・発行 一般社団法人 全日本指定自動車教習所協会連合会)を見てみると、『車は、黄色の灯火や赤色の灯火の信号であっても矢印の方向に進むことができます(右向きの矢印の場には、転回することもできます)。しかし、右向きの矢印の場合には、軽車両や二段階の右折方法により右折する原動機付き自転車は進むことができません』とある。  ここで注目したいのは、『車は』という部分。通常の青信号なら、進行方向が同じ歩行者にとっても「進むことができる」ことを意味するが、矢印信号は自動車オンリー。ここが一番の違いとなる。(※地域によって例外もある)  また、メインの信号が赤で「←」「↑」「→」の全方向の矢印が点灯した場合、対向車線側の信号は「赤」の状態になっているのが基本。  向かい合う車線で通行量に違いがあるような交差点や、右折車が多い車線に、このタイプの信号が設置されるケースが多く、同じ時差式の制御の信号でも、一般的な「青」のままの時差式信号に比べ「赤」+「矢印信号」の場合、対向車線の直進車と歩行者は赤信号状態という前提で交差点に進入できるので、同じ時間内により多くのクルマが通過できるというメリットがある。  慣れないと一瞬戸惑ったり、信号によっては、先に赤信号だけ点いて、一息ついてから「矢印信号」、さらに青信号へ変化するパターンもあるので、矢印付き信号のある交差点を通る場合は矢印が付くタイミングを自分の思い込みで判断せずに、確実に矢印が出たことを確認してからクルマを動かすよう気をつけよう。

藤田竜太

【関連記事】